和歌山の夜の話―2018冬旅

冬旅の続き。
関空からの和歌山行きリムジンバスはスムーズにJRの駅に着いた。
5時ぐらいだったか、そっからホテルまでは結構歩く。
それでも寒くなかったから、問題はなかったね。
 
ホテルの場所イマイチわからない。
橋を越えて見てくるかと思いきや先に看板はない。
バー『風』はその橋の近くにあった。
もう少し川沿いの向こうの信号辺りかと思ってたら突然現れた。
4時からオープンに変えてたけど
今もなのかと覗くと灯りがある。
扉に手をかけ引いてみると開いた。
 
歩き疲れたのもあったしビールをもらう。
渚ビールの黒、和歌山の地ビールだ。
e0359618_18482454.jpg
翌朝白浜に行くのにね、
バスはないかと訊いてみた。
以前はあったが廃止になったと。
そっか、そうよな。
あったよな記憶あったんだよ、廃止か…。
バスは便利なんだが
今は逆に京都とか新オーサカとかからしかないみたい。
 
このバーの特筆すべき、
とゆうかシェリー酒推しなとこがほかと違う。
と言ってもここに限らず
和歌山のバーは何故だかシェリー酒推しなんだよな。
そしてここは特にスゴい。
だから二杯目にはおすすめのシェリー酒を頂いたよ。
 
彼女がね、
和歌山郷土料理が食べれる店知らないかと訊いたんだ。
和食?イタリアン?と聞き返すマイペースぶり、
郷土料理の店は知らんらしい。
学生んときの友達がやってる居酒屋が
メチャクチャ美味いって薦められたんで、
ホテルで風呂入ってちょっとくつろいでから向かったよ。
 
まぁ、暗い道をね、
スマホの地図見ながら歩いてくわけよ。
看板の灯りが見えるたび
あそこかと思い近づくと違ってて、
住宅地をうろちょろする。
大通りからならわかりやすかったかもな、
おっきなビルの裏手にその居酒屋はあった。
バーの店主が言うには魚が美味いと。
だからアジとカンパチの刺身、あとは揚げ物を頂いた。
e0359618_18490128.jpg
写真はつきだし、生中です。
たしかにプリプリの刺身、鮮度がきっといいんだろうね。
腹一杯になるとふらふら二軒目、いや三軒目へ。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-02-20 18:49 | 旅人 | Comments(0)

まるで浮き世の夜更け

土曜日の京都、
お好み焼き屋から出ると雪、
予報じゃ降ると言ってなかった。
晴れ着姿、
正月じゃあるまいしとよく見るとコリアン、
旅行者誰も彼もって感じになってきて、
ちょっと風情がない。
 
寒いなか舞妓さんと擦れ違う。
こちらはやはり風情がある。
本物だ。
 
二月の『タリスカー』、一杯目はジントニック。
e0359618_12381400.jpg
ルパン好きの内田さん、
待受画面はカリオストロの一場面のようだ。
訊くとやはり新作アニメのこと知ってた。
伏見のバーの話をすると誘ってくれたらよかったのにと言う。
 
二杯目からはバーボン、舐めるよに飲む。
そういや金曜日、
ストレートに変えてもスピードは変わらん、
と飲み友が言ってたと『エース』の店主に聞いた。
彼いわく、あいつは断ること知らず飲み続けるらしい。
一緒に飲んでもそうゆうの知らなかったな。
年明けも朝までいて、
日本酒を飲んでたらしく、注げば注いだだけ飲むそうだ。
 
客が入れ替わったのを機に席を立った。
外へ出ると雪はまだ降っていた。
でも細かい。
積もりはしなさそうだ。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-02-18 12:38 | 酔い | Comments(0)

ひさびさのパターンで

二月も半ばを過ぎ、
そろそろ花粉症なんてのが話題になってきてる。
寒かったからまだ感覚としてはピンと来ないけど、
もうそろそろだわね。
 
ちょっと迷った挙げ句、
何年か前はよくこうだったとゆうパターンで昨夜は飲んだ。
『ローズバンク』は今年初めてとなる。
年明けにシンガポールとは聞いてたが
先週は鹿児島に行ってたらしい。
桜島に雪が積もるとゆう珍しい写真を見せてもらったよ。
やっぱり寒かったんやね。
 
この冬は全国的に寒く、
徳島や高知でも雪と聞くのに、
こちらは舞う程度しかない。
九州も長崎がスゴかったと聞いてたけど
まさか鹿児島もそうなってるとはビックリだ。
 
なんで鹿児島かと訊けば、
ウィスキーの蒸留所があるらしい。
それも近いうちに三つ目もと、
ウィスキーは世界的にスゴいブームで品薄って話だからねぇ。
今、日本国内でウィスキーの蒸留所は結構出来てるらしい。
駒ヶ岳ってウィスキー出してるとこが自分んとこ、
鹿児島で作ってるのを二杯目にいただく。
 
ちなみに一杯目は金柑使ったカクテル。
e0359618_09435484.jpg
レアなウィスキー津貫、
なにがレアかとゆうとバーボン樽入れて47日、
蒸留所でしか売ってないそうだ。
e0359618_09441468.jpg
ウィスキーと呼んでいいのかさえ疑いたくなる、
かなりの度数のものだ。
 
次は『エース』、ここも初になる。
厳密に言えば大晦日はここにいて年越しもここだった。
だから初じゃないとも…。
e0359618_09444705.jpg
ひさびさにヒューガルデンホワイト、
これぞベルギービール、すべての出発点だ。
 
その出発点の話ですこし盛り上がった。
もうここの店主とも十年の付き合いだ。
何度か飲みに行ったこともある。
まだ新世界が今ほど人がいなくてね、
なつかしい限りだ。
 
そのまま三軒目、南森町へ歩いて向かう。
しばらくぶりだ、こうやって歩くのも。
距離について考えた、人と人との距離についてだ。
近すぎず遠すぎず、うまい距離ってのが人それぞれにある。
人それぞれ、だから厄介だったりもする。
 
同じく度数の高いの、59%とかってボトラーズを一杯目に。
e0359618_09454104.jpg
ビックベイビーって名もスゴいよね。
激しいね、寝てると喉の乾きが尋常じゃなかった。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-02-17 09:45 | 酔い | Comments(0)

だし巻き玉子パンから始まる日―2018冬旅

ちょっと前にテレビで知ったパンの存在、
訊くと伏見地元の人は当たり前に知ってた。
だし巻き玉子が中に入ってるお惣菜パンらしい。
e0359618_19310332.jpg
それを買ってきてくれたんで翌朝ホテルで食べた。
なるほどと感心するよな味だったね。
濃さがないのが京都らしいとも言えるよな。
発想がまずない。
 
JRに乗りオーサカ市内へ、
東西線を尼崎で乗り換えて神戸線、
三ノ宮には十時過ぎに着いた。
雲もなく晴れて、風もなく。
小春日和のよな陽気さがあった。
関東圏の彼女は初神戸だが欲張ってもいられない。
その夜は和歌山で泊まる、つまり逆に来てるわけだ。
 
ちょっと面白味ないと思ってね、
神戸空港からフェリーで関空、
そしてリムジンバスと考えた。
思うより速く、乗り換えがスムーズがどうかだけだった。
e0359618_19324201.jpg
e0359618_19331917.jpg
そんな理由で、
元町のガード下、南京町、
メリケンパーク、ハーバービレッジと足早に行く。

昼メシは空港でになってしまった。
先にフェリーの時間確認してからだったから、
はやく出来てはやく食べれそうなうどんにした。
カツカレーうどん、なかなか見ないよね。
e0359618_19352967.jpg
e0359618_19342819.jpg


[PR]

# by wanio1507 | 2018-02-15 19:35 | 旅人 | Comments(0)

ピュアハートな日があるのなら

e0359618_20175237.jpg
今日はバレンタインな日だそうな。
渡す気持ちはきっと混じりっけないピュアなハートだろう。
 
何を持って純真か、何を持って純粋か、
無垢であればそうなのか汚れなきゃそうなのか…。
純愛にしたって簡単にこれだとは言えない。
これがそうだなんてなかなか言えない。
 
世の中にはいろんな人がいる。
いろんな歪み方をした人がいる。
日常でもちらっと見かけるし、
ちょっと旅するだけでも不快な人はたくさん見てしまう。
学研都市線での変質者や
ホテル●島で列に待たされてレジに文句言うジジイ、
小判鮫のよに後ろに張り付き列に並ばぬババア、
醜いハートを育ててしまうのも自分だったりする。
 
チョコの甘さ苦さが教えてくれるのは
ピュアハートのどの部分なんだろう?

[PR]

# by wanio1507 | 2018-02-14 20:18 | 戯言 | Comments(0)