町田へ―夏の飲み旅その2

隣町で昼メシに焼肉を食べたあと、
まだチェックインに間があったのもあって、
ホテルから程近い、バス通り沿いのパブに入った。
早くからやってるんだね、とカウンターに腰掛けながら童顔な青年に声かける。
「毎日昼からやってる」との答え、平日でもそうなんだと。
さすがは東京だ。
都内じゃなくても昼からで大丈夫とは。
タップが十ほどあり、日本中の地ビールが生で飲めるらしい。
e0359618_19012329.jpg
写真は富山の、
グレートブルーとゆうグレープフルーツの味がする地ビール、二杯目にもらった。
アテはオリオンリング、あるとこじゃ必ず摘まんでる気がする。
 
テレビは高校野球、やはり甲子園は暑いようだ。
 
ホテルに戻り一休み、相方が野球を見てる横でウツラウツラ眠る。
ベッドが狭かったのが難儀した。
シングルじゃないかと、セミダブルってのはもう二人にはムリだとしみじみ思った。
 
夕刻、近くのバーに向かうも見つからず、
踏み切りを越えた先にあるとこまで歩く。
人がたくさんいる。
老若男女、いろいろだ。
店も呼応するが如くたくさんある。
カラオケ屋、居酒屋、外資系カフェ、雑貨屋、
服や靴を売ってる店が入ってるビル、ラーメン屋、牛丼屋、
コンビニ、和菓子屋、広い道路で信号待ち、109やマルイもある。
高層マンションがあり、予備校もある。
右手にはJRの駅だ。
 
プリクラ店から出てきた女子四人、そのまま三軒隣のプリクラ店へ。
いったいなにが楽しいのか、オジサンにはわからん。
オタクっぽい二人組、電気屋に入ってく。
よれたシャツを来た中年はメガネを拭きながら
喫煙場所からこちらをぼんやり見てる。
スマホを手にして歩く人たち、ゾンビのよに頼りない足取りだ。
 
角を曲がる、三つ目のビルの二階だ。
三時からやってるとネットには出てた。
オーセンティックなバー、先客は二組、奥の席に座る。
店内がずいぶん明るい、喫茶店みたいだ。
イタリア語で「四つ葉のクローバー」とゆう意味を持つ店名、
なぜバーにイタリア語?
 
まずはカクテルをと思ったが
隣の中年夫婦がどちらもカクテルを注文したのでラフロイグをもらう。
ストレートでだ。
最近聞いた話なんだが、
一杯飲むごとに水を一杯飲むと深酔いしないらしい。
とゆうことで水をたくさん飲んだ。
e0359618_19020948.jpg
二杯目をと、考えてると店主からススメられたスコッチがある。
ボトラーズボトルのポートアスケイグ、
500本ほどが日本に入ったとか。
それをもらってチーズも注文する。
e0359618_19024126.jpg
思うにね、
先客があまり絡まぬの二組でカクテルばかりで面白味なかったんだろう。
宝の持ち腐れじゃないが、
わかるよその気持ち。
仕事はやはり楽しいほうがいい。
 
でも、
ともう一軒バーに行って思ったけどね、
楽しさだけじゃバーってのは違う方を向いてしまう。
テーブルに座らされたのも気に入らなかったが
ずっと常連の客と喋り続けてるのもね。
ま、これもタイミングだろう。
ジンライムを二杯、それで終わりだ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-17 19:02 | 飲み旅 | Comments(0)