時間が贅沢だと

歳を喰うと、時間こそが贅沢じゃないかってことに気づく。
若いときは豊潤に時間はある、
暇だったり怠惰だったり時間の渦に溺れてしまっている。
お金だったり友達だったり恋人だったり、
それが重要だと思ってる。
 
そんなこと考えたのはね、
『タリスカー』の内田さんといろいろ話してたときだ。
e0359618_09441960.jpg
ロブロイを作ってもらったらね、
今まで見たことない五種類ほど入れてね、
メインのウィスキーはシーバス、
ちょっとオールドボトルなんだけど口開けたばかり、
すこし寝かせなきゃと冷蔵庫へ。
もう手間暇かけて作るのよ。
 
先客がいたんだけどね、
開店前に入ったくせに一杯で約束があると帰ってく。
せわしないとゆうか、老い先短いにしてもどうかと思うのよ。
お金はあるだろう女はいるだろう約束はあるだろう、
けど時間がない。
歳を喰っての多忙はね、きっと幸福と言いがたい。
 
若いカップルが帰りの特急は多かった。
フェミニンな彼氏ばかり、たしかに女子の容姿はよくなってる。
その隣で座る不細工な中年カップルはヘドロのよう、
比較しちゃダメだってわかっててもやっぱりヘドロだ。
だけど、ルール無用なとこがあってね、若いとしばしば間違う。
気付かねままだと取り返しがつかなくなる。
豊潤な時間に踊らされて…あの汚泥は明日の姿かもしれない。

[PR]

by wanio1507 | 2017-11-18 09:44 | 戯言 | Comments(0)