なつかしや、ミーツ

雑誌は読まなくなった。
若いころからそれほど読むタイプやなかったが、
定期的とゆうか気紛れに買うのは何冊かあった。
本屋にもよく行ってた。
 
今は本屋も減ったし、
たまに行ってもほんと読む本や雑誌に困る。
手に取るまでちょっと時間かかってしまう。
時間潰す場所じゃなくなったよな。
 
トイレを借りたコンビニで見かけた雑誌、
京都にもあるんだなってビックリした。
たぶん学生が多いから若者が多いから
この手のも売ってるんだろう。
なつかしくなって思わず買った。
よく読んでたのは二十代か、
スゴく記憶にあるのは富士宮で、
静岡なのに関西ローカル誌が置いてあって驚いた。
そのときも懐かしいって思ったんだが
もうあれから20年近い。
本屋は、
三十過ぎて富士宮で住んでたときあまりに暇でよく行ってた。
何軒か町にはあり、どこもまんべんなく行ってた。
e0359618_20102467.jpg
この雑誌は飲食の店が特集でいろいろと紹介していて、
やはりもう飲み出していて
オーサカ市内に独り暮らししていたときにピタリと。
きっとそうゆうのじゃないと手に取らなかっただろう。
いくつかのコラムは昔から同じ人が書いてる、
それも関西ノリなのが心地いい。
「うわっ、懐かしい」と思わず呟いてしまった。

[PR]

by wanio1507 | 2018-01-29 20:10 | 過ぎ去った日のこと | Comments(0)