となりの悪口

母親と姪は暇なのだろう、食事中よくしゃべる。
たいていは姪がいろいろと話しかけている。
どちらも働いてないし
話す相手が少ないからだろう、
どうでもいい話ばかり口にしてる。
テレビのニュースだったり
スーパーの安売りだったり、
昨日はゴミ出しの袋の話だった。
 
うちの町は珍しく指定ゴミ袋とゆうのはない。
透明や半透明ならいいようで、
スーパーの袋とかでゴミ出ししてもかまわない。
 
母親の話だと
どうもチラシ入れて見えなくして出してるとこがあるようで、
それがとなりの家なんだそうだ。
そうやって中を見えなくしてるんだが、
理由がちゃんとあるらしい。
カップ麺ばかりだと向かいの家からの悪口があったんだと。
もうずいぶん前のことみたいやが、
それはもうクレームとも言えない。
悪口だ。
 
昔からウワサ好きゆうか、悪口好きな人はいる。
井戸端会議のほとんどはそれだとも言うくらいだ。
クレーマーや下らない正義感なりを振りかざす人たちも、
もちろん好きじゃないが、
悪口が平気なんははっきり言って頭がおかしい。
それで人が寄ってくるとは思えない。
ほかに魅力があったとしても、
長続きする関係はムリだろう。
 
因果応報で、
向かいの家に今はもう誰も寄り付かない。

[PR]

by wanio1507 | 2018-01-31 21:04 | 日々のこと | Comments(0)