倉敷盛況-2018夏旅、西へ

京都駅のホームで待ち合わせ、
岡山行きのこだまに乗る。
さすがに旅行客で人が多く、
のぞみは座れそうになかった。
いや、一人なら問題なかろうが二人並んでは厳しい。
 
だから、一時間半かかり岡山に着く。
e0359618_11475457.jpg
車中、小腹がすいたらいなり寿司を食べる。
やはり家族連れが多く、
それでもサラリーマンの姿もあった。
岡山駅のホームも人がたくさんいたよ。
ここから倉敷までは30分ほど、
乗り換える前に岡山名物をいただく。
e0359618_11521374.jpg
えびめしとデミカツ丼、
岡山ジンなるクラフトジンがあるらしくジントニックも注文する。
e0359618_11491948.jpg
岡山はね、
バイクで来た記憶しかなく、
もうそれも十年は前になる。
えびめしもデミカツ丼も当時は聞かなかった。
あったにしてもB級グルメのヒットがなきゃ生き残っていたかどうか…。
 
クラフトジンは、正直評価は難しい。
興味があって機会あれば飲んでもらいたい。

倉敷までは快速で一駅、
かなり昭和レトロな列車に揺られ向かった。
倉敷の駅はキレイに変貌していて、
駅周辺にも当時の遺物を探し当てるのに骨が折れるほどだった。
失敗した駅前の遊園地は
ショッピングモールと公園、アウトレットまであった。
ホテルもね、ずいぶん増えていたよ。
 
だから、人も多かった。
賑わってたよ。
なんかあったんか、
帰省だけじゃなさそうだしお祭りかなんか、
居酒屋も混んでたしバーもね。
ホテルに近くでね、
唯一とゆうか前と変わってないなと
蔦の絡まるビルの一階のバー、
ただ学生街の喫茶店みたいな感じに、
あとで寄ったら時代錯誤なレトロでね、
隣の席にいた若い子も滑稽だった。
 
行ったのは80年代コンクリ打ちっぱなしのバー、
三度ほど来たことあるが
客が多く、寛いで話できる雰囲気は皆無に近かった。
e0359618_11505604.jpg
「大人のレモンスカッシュ」っての一杯目にもらった。

[PR]

by wanio1507 | 2018-08-16 12:00 | 旅人 | Comments(0)