伏見バルに参加してみる-その2

客が引くのに合わせバーをあとにし、再び商店街を歩く。
この大手筋はゆったりとした坂になっていて、
先に京阪の駅と近鉄の駅がある。
昔、子どものころはキャッスルランドがあった。
 
駅に行く手前で右に折れて、
クラフトビールの店に向かう。
我々が入れるほどのキャパはなく、
外のベンチに腰掛けビールをもらう。
ここは2度目だ。
e0359618_19160982.jpg
4種類から二つ選び、ダラダラと飲む。
そうゆう気を使わんでええ相手、ホンマ恵まれてる。
逆にいえばそうゆう飲み方をずいぶんしていない。
仕事先の宴会も最近はもうあまり顔出さない。
夏にあったパーティーだってね、
ほとんど一人でぼーっ飲んでいた。
寂しくないと言っちゃうと強がりだが、
まぁそれほど苦じゃない。
気を使って飲んでるほうが厳しい。
 
ビールが続いたんで、
最後のチケットは肉屋で日本酒、
駅の向こう側なんで歩いたことない場所、
粋な店とは外観より中が京都らしかった。
e0359618_19174136.jpg
赤身肉の梅肉仕立て、
これがこの価格でってね、
これこそが町バルの真骨頂なんだろう。
美味しかったし雰囲気も良かったからまた行きたい店だよ。
 
ここは二時間か三時間ぐらいいた、
ダラダラと日本酒を三杯ほど飲んだ。
出たころはもうすっかり暗くて、
『シルバームーン』が開いてる時間になってたんで寄った。
カウンターの端は空いてたがテーブルにも二組ほど客はいた。
e0359618_19152307.jpg
とりあえずウォッカマティーニ、
もう一杯なんか飲んで出たんやけど8時過ぎてたから、
長々と八時間か…。
量としてはたいしたことはない、それでもやっぱ記憶は定かじゃない。

[PR]

by wanio1507 | 2018-10-30 19:21 | 酔い | Comments(0)