ハグとリスペクト

知らぬ言葉、
ネットな時代になってから世代関係なく増えた。
言葉って、
伝えるためのツール、
だからわからんと困る。
ただ身内、内々の暗号のよな言葉もある。
組織ゆうかグループ、
一体感を生むための言葉、
共通言語のよなもんもある。
 
入ってなきゃまるでわからない。
わかることがちょっとした優越感、
誰にだってそうゆうのあると思う。
芸能人しかりセレブしかり、
業界で言えばデパートとか寿司屋とか、
職について初めて知る意味の言葉もあるだろう。
若者だけ女子だけってのも、
音楽にもジャズやクラシックだけってのがある。
 
本来の言葉の意味とは違うってのもある。
それ故に違和感が伴うものも、やはりある。
タイトルにあげた2つは、
個人的に違和感があって
昔は当たり前に使われてなかった。
言葉は進化する、
と言われるように時代の空気を吸って変化していく。
だから違和感はたぶん
誰しもが感じ誰しもが慣れてくもんなんだろう。
 
ハグってのも最近はあまり聞かない。
リスペクトはラッパーがよく口にしてるイメージがあって、
若者なんかはたぶん軽々しく使える感じがある。
個人的にはほぼどちらも口にしないし、
卑猥な単語を言うより恥ずかしい。


[PR]

by wanio1507 | 2018-11-13 19:59 | 戯言 | Comments(0)