平成最後の大晦日のこと

前日パンを買ってたのでそれを朝食がわりに食べて、
和歌山市のホテルを出たのは何時だったか…。
JRの駅まで歩いて、
空は相も変わらぬ雲いっぱい、
まぁ冬らしいっちゃそうだ。
風はない。
 
指定席を買い特急くろしお、
終点の新大阪までの道のりだ。
空いてたね。
やはり、そうだろ。
 
けど、新大阪は混んでいた。
これもやはりだ。
 
そこで相方と別れ、
彼女は新幹線のぞみに、
こちらは家のあるオーサカの郊外へと電車とバスを乗り継ぐ。
大晦日らしいもんは窓の外になく、
妙な慌ただしさと妙な落ち着きを感じる程度だろうか…。
 
夕刻、再びオーサカ市内へと足を運ぶ。
 
地下鉄でミナミへ、
街を行き交うゾンビは
当たり前な如くにチャイナの人たち、
見なくなる日は開戦前夜か? 
 
恒例の年越しそば、
『えびす堂』で生ビールとともに頂く。
e0359618_17515707.jpg
期待されてるゆうか、
オレが旨そうにカップ麺を食べるって言って
見に来てる常連さんがいるのよ。
頻度がずいぶん減ってきて、
常連さんってのの顔見るのホンマこの日だけだったりする。
 
余市をストレートで飲んで皆でわいわいして、
7時過ぎに地下鉄で南森町へ、
数日柄になく飲み続けてるから正直しんどいのよね。
大晦日はそうゆうの理由にしちゃダメだから、
とりあえず『モッシュ』、
ビールから始める。
 
夕飯がてらに燻製の鴨ロースとビーフジャーキー、
スコッチだったかな、ストレートでもらう。
e0359618_17531620.jpg
客はね、
それほど来ず
数日前ここで会った社長さんが来て、
二人でだらだら喋りながら飲んだよ。
彼が腹減ったと、
断り入れてコンビニでシューマイやら酢豚やら、
それをアテにもらってまた飲んだ。
 
たこ焼き君がそのあと来て、
ウダウダ喋ってると10時を過ぎたんで、
さすがもう東梅田には行けんわと、
断り二人して店出て地下鉄の駅の前で別れた。
 
除夜の鐘、
その音響くなかJRの駅から歩いて帰ったよ。
家着いたらもう新年だった。
寒かったなぁ…。

[PR]

by wanio1507 | 2019-01-07 05:49 | 酔い | Comments(0)