玉造の空虚

吉田拓郎の唄なんぞ聴きながらウィスキー、
ハイボールにして飲んでみたとて、
昔のことを考えた後々、
あのウツロをちょいと形造りたくなった。
より近くの友達に言わせりゃ空虚とゆうのはオレの友だった。
双子のよな友、
それが十代後半からその玉造時代まで仲良くいた。
 
知らぬ人に説明がてら、
玉造とゆうんはオーサカにある下町、
ちょっと歩くと治安悪い鶴橋とかある今里、
だからまぁ安く住めた。
二十九歳だったか、一年半ほどそこにいた。

その前は港、
弁天町のさきにあるとこで三年ちょっと、
失恋を癒してた。
人生ゆうのは印をつけた訳でもないのに、
付箋が貼ってある誰かが勝手に。
そう、
勝手に転機ゆうのを、
振り返るとうまく語れるようにだ。
 
一人で部屋で飲むなんて、
もちろん不釣り合いで似合わないが
拓郎の唄はよい相手になる。
かつての友人は、
夭逝し亡骸とゆうか
亡霊だけが影のよに怪しくつきまとう。
空虚はもう鬼籍、
だからこうやって飲むと彼のことを思う。
若くて尖っててホラ吹きだった我々のことを恥ずかしげに、
酒のアテなんかにする。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-10-20 18:06 | 過ぎ去った日のこと | Comments(0)

ワインボトルと共に週末を

バーに行かず帰る夜、
週末だけど金がない。
そんなときは安ワイン、千円までなら大丈夫。
ワインを飲むイメージはきっとないだろう、
日本酒よりも実はよく飲んでる。
ワインは味がわからないから、安くても良い。
e0359618_19565124.jpg
市内で一人暮らし、
もうずいぶん前、
玉造商店街に小さな酒屋があって、
チリワインとかオーストラリアのとか安く売ってた。
休みの日たまに買って、部屋で昼間から飲んだ。
なんか先の見えない袋小路にいた感覚、すごく覚えてる。
いつかこれが過去になる、
明け放ったベランダから見上げた夏空が今はようやく遠い。
望んだ通りに、過去になった。
 
おかしなことに、
過去になるのは一瞬で、
積み重なってる間はあまりそんな感覚にならない。
一秒毎に遠ざかってるのに、我に返って初めて気づく。
 
佐野元春の唄に「情けない週末」ってのがある、
断片的なフレーズしか頭にはないが、
十代のころ繰り返し聴いてカセットテープのテープが伸びてしまった。
それなのに、唄えないなんて情けないよな。
 
この夜を、
忘れてしまうのか、
それともずっとずっと先、
誰かに語れるほど覚えてるのか、
さてさて。


[PR]

# by wanio1507 | 2018-10-19 19:58 | 過ぎ去った日のこと | Comments(0)

社会実験を見かける

ネタがない、
とゆうより書こうと思いつつ書けてなかったのが、
この東京駅近くで見かけたもの、
カーシェアリングなるもの。
日曜の朝の人気がない摩天楼の谷間、
普段なら利用者もいるのかもしれない。
実験とあるから、
試してる人もいるかも…。
e0359618_19302882.jpg
こういう社会実験ってのは、
もしかすると都会ならある程度当たり前な話で、
知らないのは田舎者と老人ぐらいなんかもしれない。
どちらにも被ってる者たちは知らぬが仏、
まるで昨今の「詳しくはWebにて」ってヤツだ。
新幹線も、
ようやくスマホで買うと得するよになった。
ネットのほうが人件費がかからないから同額はおかしい、
手数料分は安くして然るべきだ。
 
そのくせ自販機は、
ビールなんかのは酒屋が減った分見かけなくなって、
わざわざコンビニかドラッグストアに行かなきゃなんない。
そしてそっちのほうが安い。
なんか矛盾してる。
 
銀行だって、ATMは手数料を取られる。
 
話がそれた。
街中でふと写真を撮るときがままある、
先日の自販機然りこの社会実験然り、
疑問とゆうか不思議に思うと、なんか言いたくなる。
だから呟きってのは、
してしまうとキリがない。
老人の昔話みたいにネバーエンド、
終いにゃウソかマコトか本人にもわからない。
 
そして困ったことを引き起こしてしまうと
もう晩節を汚すって話になるだろう。
まぁ、
それもまたその人らしかったら、
あーだこーだ言うのは雑音に過ぎないんだよな。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-10-18 19:33 | 日々のこと | Comments(0)

撮りたくなるもの

これが盗りたくなるなら、問題だ。
しかしそこまで悪党じゃないので、
写真を思わず撮ってしまうとゆう意味、
それがまた自販機だったりするのは罪がないだろう。
 
普段そこにあるのは興味そそらない。
おっ、
と惹き付けられるのはたいてい旅先でのことだ。
たぶんこれはセンスだろう、
あるなしじゃなくそれを面白いと感じるか否か。
e0359618_19062788.jpg
去年ぐらいからの4枚、維新のが一番最近だ。
一つは青森の弘前で、
クラフトビールの店近くにあった。
限定とゆうのはちょっと魅力的なフレーズだ。
あとのは高知県、
初めて行ったときに、
カープ応援のスポーツドリンクを見つけた。
これって中国地方なら当たり前にあるのかもしれない。
自販機自体も、
よくあるそれだけで商売するタイプので、
飲料メーカーのじゃないのを
繁華街から外れたとこでチラチラ見かけた。
 
最近はもう撮らないけど、
東京行くとセブンアップとドクターペッパー、
これは関西には当たり前にないから
珍しくて買って飲んじゃう。
ドクターペッパーは昔、
自販機にあったんやが人気なくてって話だ。
もちろんオーサカが世界の中心でも、
日本のスタンダードでもない。
たまたまそこにいるからの話、
そこから見てるだけだ。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-10-17 19:09 | 日々のこと | Comments(0)

爪を伸ばすように

たまたまだが爪が伸びている、
伸ばすつもりなんかなかった爪だ。
電車待つプラットホームでずっとタイトルを考えて、
一度はサザンの最近の唄のと思ったんだけど、
どうも今日あった出来事にふさわしくない。
あったとゆうか報告、仕事先での話だ。
 
正社員あるあるネタとでも言うくらい
珍しくもなんともない話、
パソコンで仕事には関係ないサイトを閲覧してたってのが、
社外の人が見つけてってことで、
わざわざ我々まで呼ばれ課長からの説教、
とゆうより次はないぞと脅しに近かった。
まぁ三人は派遣から契約社員になった者、
あと三人が正社員、
危機感がないのは一目瞭然、
気が付いたら爪が伸びていたって感じだ。
 
それがヤバいことだと彼らも知らぬではない。
知らぬではないからこそ、そうなる。
我々は爪など伸ばさぬ、
伸ばすこと端からないって言ってもいいだろう。
 
候補にもなったサザンの唄、
なんかの映画のために作ったらしいが
PVのアニメが、
半端な悪な感じで
それこそ現代のサラリーマンぽくて、
悲哀が滲む。
唄のタイトルが全くそぐわなくて、
まぁそれでブログにも合わないと思ったわけだ。
 
戦々恐々とでもゆうか、
話があってからパソコンの前に昼休み中も離れてる始末、
見なきゃいいだけなのに自信がないのか、
あらぬ疑いを恐れてか。
間違ったことでも言ったもん勝ちってのが昨今の日本、
ネット右翼やらヘイトスピーチやら
声高らかに歪んだことを恥知らずに口にして、
責められたら的外れな言い訳を言う。
世間知らずってのか了見が狭いのか、
バランス感覚のない人たちと、
付き合っていくの一苦労だ。
まぁ付き合えるレベルかそうじゃないかってのは、
もちろんおっきい問題なんだよな。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-10-15 19:21 | 戯言 | Comments(0)