人気ブログランキング |

知らぬ町をゆく2019-その1

信濃大町とゆうとこは名前ぐらい知ってる、
立山黒部アルペンルートの玄関口として有名なとこだ。
山登りとゆう趣味がないから縁はない、
そう思っていた。
 
袖すり合うのも多生の縁、とゆう言葉がある。
多生の縁とは前世からの因縁との意味らしい。
今の子は感覚として、
こうゆうの分かるのだろうか? 
若い子とゆうより
オカルトな妄想癖がある世代の方が、
納得しやすいかもしれない。
因果は巡る、
なんか現代にピッタリかもと最近は思う。
 
まだ桜が咲いてるかもしれないと思い、
翌朝松本を出る電車に乗った。
初めて訪れる信濃大町の駅までは片道一時間、
右は安曇野の大地、
左手には雪の残る山々を眺める。
座れたのは穂高とゆう駅でどっと乗客が降りてからだ。
登山者がたくさんいたな。
e0359618_19284332.jpg
さすがに信濃大町の駅は立派だった。
腹ごしらえと、
まずは駅の立ち食いソバ屋、
ザルソバと鹿肉入りのおやきを注文する。
e0359618_19293337.jpg
この辺りに来ればやはりソバだろう。
 
観光客は思うほどの数はおらず、
ロータリーにはタクシーが数台ある。
土産物屋は数店舗、
観光案内所にバス停が幾つかある。
e0359618_19302448.jpg
5月の日差しを浴びた北アルプスが見える。
白い山頂がまぶしい。
 
腹を満たした我々はアテもなく商店街を歩く。
なにがあるのかないのか、
期待もそこそこに進む。
古い建物、
昭和の初めころかそれ以前か、
朽ちた感じがいろんなことを想像させる。
破れたトタンに赤く錆びた鉄柱、
腐った木製の扉、
剥がれた外壁に崩れたコンクリート、
よくも悪くも歴史を感じる。
 
人気はない。
店も開けてるのは数軒で、
歩いてるのは我々だけだ。
たまに、
杖をつく姿や手押し車を押す姿、
騙し絵のように見かける。
 
屋根がなくなるも道は続く。
さて、
目的の神社はまだ先か…。

# by wanio1507 | 2019-05-23 19:32 | 旅人 | Comments(0)

こぼれ話的な平成最後の日々-その2

翌日は晴れ、静岡市を歩く。
富士山が見えるとこまで、と東海道を東へ。
繁華街からはね、
富士山ってあまり見えない。
高いビルや山が邪魔をしてね、
見えない。
 
白バラが咲いていた。
知らぬとこを
昔からぶらぶらとこうやって歩くと、
いろいろ発見してきた。
それは感性を磨くとゆうか、
独特ななにかになる。
集めていけばなんらになる気がする、
銀河系とか星雲も離れてみたら形がわかる、
ナスカの地上絵みたいなもんだ。
 
NHKも新しいのが出来てた。
城んとこにあったのがこっちに移ってきたようで
なんかイベントをしていた。
とはいえ東海道からは見えない。
JRの線路向こうにある。
e0359618_19231935.jpg
富士山がようやく見えてきたのは東静岡の駅近く、
グランシップまでいくと開けてよく見えた。
e0359618_19234430.jpg
先の公園には子供や家族連れがいっぱい、
なにかしらイベントがあったんだろう。
e0359618_19243196.jpg
バルーンもあるね。
 
こちらは帰り、
小さな公園にあった藤棚を撮ってみた。
e0359618_19244834.jpg

# by wanio1507 | 2019-05-21 19:24 | 旅人 | Comments(0)

こぼれ話的な平成最後の日々

沼津はアニメの聖地になっていた、
それが久しぶりに訪れて一番驚いたことだった。
聖地巡礼とかゆうの、
なんでも舞台が沼津らしい。
バートリップといい、
いろいろとしてる。
 
沼津は雨、傘を指して海まで歩いた。
防砂林が見え、
そこを突っ切ると防波堤があった。
階段を上がるとまるで人気がない場所で、
駿河湾が広がってるのを眺めた。
e0359618_18570769.jpg
風もたいしてなく雨も強くなく、
そんななかマラソンマンはいる。
遠くに舟、
砂浜で一人釣りをする姿、
なんか時間が止まってる感じがする。
ちょっと時代がわからない感覚だ。
 
防波堤を降り、
おっきな屋敷ばかり並ぶ通りを歩く。
小田原にもこんなとこあった。
漁村ではなくてね、
地主とゆうか古い民家が木々に囲まれたなかにある。
e0359618_18574308.jpg
傘を閉じたり開いたり、
車が通る道に出て駅へときびすを返す。
連休も始まったばかり、
それでも町に人の影を見ない。
おっきな川、
昨晩写真を撮ったライトアップした橋を再び眺める。
e0359618_18582961.jpg
河原に鯉のぼり、
ようやく5月が近づいてることを知る。
こうゆう風物詩が減ったね。

# by wanio1507 | 2019-05-20 18:58 | 旅人 | Comments(0)

世の中思いもよらぬ

このタイトルは死の淵にさ迷い
帰って来てこそふさわしい。
たかがアルコールなんてもんで口にするほどじゃねー、
とゆう一般論的つまらなさを置いてきぼりにし、
話はわがまま勝手に進めるわけだ。
 
金曜の話だ。
歓送会を終えて7時、
久々にパブとゆう名のバーへ、とちょっとまだ早い。
駅のバス通り向こうにあるマンションの一階、
あまりに久しぶり過ぎてちょっと不安ながら足を運ぶ。
同じ店がまだやってた。
2年とかになるか、
3年たっちゃうか…。
ヒューガルデンホワイトをもらう。
スタッフも若かったはずが、違ってる。
 
並んでるボトルもね、
ちょうど目の前のバックバーはシングルモルトばかり、
前はこんなじゃなかった。
手に届くのもね、
カリラのボトラーズ、もちろん初めて見るものだ。
チップ&チキンを摘まみながら、
ヒューガルデンホワイトをグビグビ、
ふとスタッフにバスペールエールが入ってこなくなったねと訊いた。
なんでもヒューガルデンホワイトもアサヒは輸入やめたらしい。
インベブが直で入れてるとか…
そうなんや、知らなかった。
 
あまりに気になったんでカリラをストレートでもらう。
まぁ香りがすごいわ、ピート香が半端ない。
香りの塊を飲んでる感じのだ。
e0359618_10084392.jpg
なんかね、一気に回ったわ。
 
だから
パブとゆう名のバーに行って飲んだのは飲んだが
正直記憶があやふや。
伏兵って感じだったなぁ。

# by wanio1507 | 2019-05-19 10:09 | 酔い | Comments(0)

喫茶店で夕飯を

願わくばビールがあればサイコー
と思えるほど日差しギラギラ、
駅からちょっと先にある市民会館に付随する喫茶店、
たまに入る。
一人で喫茶店にしてもメシ屋にしても、
あまり入らない。
 
旅に出てもずいぶん迷う。
ある意味仕方なく入る。
 
外資系の喫茶店なんて一人で入ったことはない。
誰かに連れられ誘われでしか、入ったことない。
緊張するといえばそれまでで、
リラックスするために喫茶店なんてあるじゃないか
と矛盾が頭をもたげる。
 
あ、そうそう、日常の話だ。
母と姉が今朝、
シンガポールへと旅立ち、
夕飯に喫茶店でトンカツを食べた。
e0359618_19383554.jpg
客は誰もおらず、
夕陽浴びるサラリーマンや学生やOLやオバサン、
それをおっきな縦長の窓からぼんやり眺めていた。
トンカツ定食はなんとなくノスタルジック、
ビールが欲しかったがなかった。
 
ふと、
昔よく行ってた喫茶店をね、
友達の家の近くで歯科大がそばの店の味を思い出した。
十代の終わりごろだった。
 
先々週、
川越で彼女の車に乗ってたら
BGMがハマショーの『19のままさ』が流れてね、
ちょうどその喫茶店のころだよ我々の19歳は。
流れたねぇ時は。
 
変わりゆくもの、
変わらないもの、
たぶん狭間に我々はいた。
そして今、
あなたは変わりゆくもので
オレは変わらないもの、
だからバランスを欠いている。
 
トンカツを食べ終え役所から出る人たちの波に逆らい歩く。
川原町のスナック街を抜け、
桜並木のある土手へと。
吹く風がようやく、涼しい。

# by wanio1507 | 2019-05-17 05:36 | 過ぎ去った日のこと | Comments(0)