飲み旅かウラ飲み旅か-年末飲み旅

二晩和歌山には泊まる。
 
ジビエ料理店があるとかチラシを見てたら、
ホテルのすぐ近くにあって、
チェックインし風呂入ってから向かった。
県庁近くの老舗な店で、
テーブルを断りカウンターに座り、
まずは和歌山の代表的クラフトビールであるナギサビールをもらう。
今回ウラか表か、
とタイトルで迷ってるよに、
日本酒をこのあと飲んだ。
地酒ってヤツだ。
 
居酒屋もあまり行かないし、
日本酒もこうゆう機会じゃなきゃ口にしない。
料理もね、居酒屋メニューって縁がないからね。
クジラの竜田揚げ、キズシ、
猪肉を焼いたんだっけ揚げたんだっけ、
ウツボの叩きもあった。
e0359618_09112578.jpg
とりあえず写真はそれだけ、
和歌山は海の幸がやはり豊富だわね。
 
結構日本酒も飲んだ。
紀土の大吟醸を皮切りに三杯、いろんなのを飲んだ。
e0359618_09125363.jpg
ただまぁわからないのよね、違いが。
だから大吟醸なんて勿体ないだけ…、
次からは安いのから飲むよにしようか。
それはそれでトラウマゆうか、
悪酔いした記憶あるから、どうしてもなぁ。
 
そのあとはバーに向かうが、
二晩分をバーと居酒屋に分けて書こう。
つまりウラ飲み旅とゆう感じで、
このあと翌日の居酒屋の話を続けて書く。
 

その日は先に、
早めに開くバーでちょっと飲んでから、
ブルワリー併設の居酒屋へ、バス通りにあるんで分かりやすい。
たぶんそのせいか早い時間から客はたくさん来てた。
予約が多いみたく、「カウンターでいいですか?」と。
カウンターがいいですと、
こうゆうとこ来るといつも頭のなかで呟く。
 
和歌山のクラフトビールとゆうと
ナギサビールがたぶん一番知られてるだろう。
市内でもかなり飲める店がある。
ここのはアガラビールと言って新しいクラフトビール、
店は前回来たときにもあったし
クラフトビール置いてる店も他に知ってたけども、
やはりブームなんだね、知らないのがたくさんある。
e0359618_09155876.jpg
IPAを一杯目にもらう。
三種類だし、あとはまた日本酒にした。
料理も、なんか回転寿司みたくタッチパネルだった。
今幾らかすぐわかるのはありがたいことだが…なんか味気なくない?
 
なんだかんだと二人で一万、
だいたいどこで飲んでもこんなもんだよな。
 
そういや、
アドベンチャーワールドで飲んだのもクラフトビールで、
名を知らずにいたら
なんでもナギサビールとは
アディダスとプーマの関係なんだとか。
和歌山県人なら誰もが知ってると聞いたが
実際どうなんだろ?

by wanio1507 | 2019-01-05 09:06 | ウラ飲み旅 | Comments(0)

移動、宇都宮へ―2018飲み旅

弘前バスターミナルの近くにある市場で
昼メシを買いバスに乗り込む。
e0359618_20004913.jpg
また仙台に戻り
東北新幹線に乗り換えて宇都宮へ、着くのは夕方だ。
 
高速道路はスムーズ、すいすいバスも走る。
途中寄ったサービスエリア、
撮れる桜の花はなかったが、岩手山が見えた。
これも立派な山だ。
e0359618_20015549.jpg
昔『六三四の剣』ってマンガがあって岩手の剣士の話でね、
その山の存在だけは知ってた。
 
仙台の市内はちょっと混んでて新幹線次のかなと、
下りてから急いで駅を目指して改札抜けたらね、
余裕だった。
ここから始発でガラガラだったよ。
 
一時間半ほどで宇都宮、
初めての北関東、
昔ね、十何年か前かバーの町を謳ってから一度行こうって…。
キッカケないまま今に至った次第、
餃子の町でも売り出しててね、
どんなもんかとホテルまでの道中で、
正直入る気が失せたよ。
どこも並んでる並んでる、
餃子専門店らしいがね、これほど並ぶとはね。
 
結論から言うと、入らなかったよ餃子専門店にはね。
代わりとゆうか、
居酒屋でね、
スープ餃子と焼きと普通のと注文した。
e0359618_20041105.jpg
古臭い地下の常連しか来ないよな居酒屋の女将も、
苦笑いだったね。
厚揚げも珍しかったから写真撮ったんだ。
e0359618_20023473.jpg
厚揚げ豆腐は食べるんだかが、
揚げだけ焼いてとかってないわ。
仙台でも食べたんだけど、
ここは納豆と厚揚げのが人気あるみたいで、
ちょっと納豆は有り得ないから…。
 
さて、バーの町を味わうか。

by wanio1507 | 2018-05-23 20:05 | ウラ飲み旅 | Comments(0)

弘前の夜―2018飲み旅

さくら祭りは城内が広く桜の木も多く、
もちろん人もたくさんいた。
広場があってそこは露店がすごく並んでた。
珍しいものもあって、汁焼きそばってのを食べた。
B級グルメらしいが全く知らんかった。
e0359618_21260493.jpg
ソース味、なるほど、いろいろ考えるもんだ。
 
帰り道、町をウロウロする。
e0359618_21271155.jpg
ローカル線の弘前駅に行ってみると、なんだか懐かしい。
制服の学生、写真が飾られた一室があり眺めた。
カメラマンの作品みたいだ。
 
とりあえず一度ホテルに戻って風呂に入る。
やっぱね、寒いよ。
芯まで冷えちゃう。

そして夜の町に出ます。
思ったより人は出てたね。
ん~寒いとこはやっぱ酒飲み多いのかな。
ちょっと地元感にあふれた居酒屋に入る。
人もいっぱいだったわ。
e0359618_21282164.jpg
バーにも行ったんだ、
なんかガイドブックに載っててね、
客も観光客ばかりだった。
だからかなんなのか、バーボンがなかった。
札幌のバーの、
あの有名な切り絵がね、入り口に飾ってあって、
店内には(全く読んだことも興味もない)作家の一筆とサイン、
残念なバーだったな。
e0359618_21300822.jpg
ジャックダニエルを一杯、
たぶんストレート、たぶんそれでオーバー。
夜は終わる。

by wanio1507 | 2018-05-20 21:30 | ウラ飲み旅 | Comments(0)

仙台へ行ってみる―2018飲み旅

埼玉の大宮から新幹線、
こっちの新幹線はね、乗るの初めて。
東北新幹線、山形秋田新幹線、北海道新幹線、
なかなかカラフルでいろいろある。
大宮はすべてが停車するらしく、
ひっきりなしに来ては去る。
北陸新幹線も走ってるがこれは何度か富山で乗った。
 
でもね、
仙台行くのは各停のじゃないと全部指定席らしく、
その分ちゃんと高い。
見てるとね、
それはそれで仙台まではあまりないようだった。
秋田や山形は途中で別れて走るのだからね、
行く人も少ない。
新潟にしても、
枝木のよに別れて行く新幹線が必要なんだなぁ。
 
混んでたわ。
しかも窓を開けないのよ皆が皆。
なんでかと、ずいぶん後で気づいたのはね、
山ばかり畑ばかり田んぼばかり、海や湖がないのよ。
富士山みたいなんもないしね。
e0359618_20324420.jpg
そんなこんなで、
昼ごはんがわりに駅弁、
宇都宮餃子の入ったのを頂く。
 
ホテルは国分町ゆう飲み屋街の入り口辺りにあった。
仙台ゆうと、
アーケード街がまず頭に浮かぶ画像、
次が青葉城の伊達政宗像だろうか。
まぁね、正直ビジュアル的なイメージはあまりない。
東北はほとんどがそうだ。
我々のよな西の人間にゃあまりにイメージがない。
 
とりあえず青葉城に行かなくちゃ、
って向かうも夕焼け小焼け、なかなか坂道はハードだったよ。
行ったとて、まぁなにもない、
像があるくらいだ。
e0359618_20333078.jpg
今度は暗くなるまえに下りなくちゃ…。

そんなわけでホテルの地下にある居酒屋で
その夜は名産のものを食す。
日本酒も飲んでみる。
e0359618_20341745.jpg

by wanio1507 | 2018-05-14 20:34 | ウラ飲み旅 | Comments(0)