卯月最後のフライデーナイト

先週もプレミアムな金曜だったそうな、
それらしき話を耳にしなかったのはたまたまなんだろうか? 
それとももう忘れられたのか。
 
相変わらずバスは混んでいた、
高槻の駅まであまり下りる人もなくぎゅーぎゅーのままだった。
何か食べようかとも思ったがもう6時も過ぎてたしバーの扉を開ける。
ずいぶん日が長くなった。
夕焼けがキレイだ。
e0359618_07062060.jpg
一杯目からスプリングバンク、ストレートでもらう。
さすがに一杯目からと自分でも思ったのだが一口飲むと悪くなかった。
ぐんっと酔うときもあればそうじゃないときもある。
食べてようが食べてなかろうがあまり関係ない。
職場の人に「ウィスキー詳しいやろ?」と訊かれた話をする。
友達が好きなのだけど何かオススメはあるかという…ザックリしすぎてる。
でも知らないって事はきっとそうゆう事なんだろう。
 
ラフロイグのトリプルウッドはなかなか複雑な味だ。
酔っ払うと訳わからんようになってしまう。
ブルイックラディも深みがあってよかった。
 
イマイチわかりませんでしたよ、と店主にブログについて訊かれる。
「雨は静かに…」の話らしい。
そういえばね、あれをアップした日に友達からメールがあってね、
『騎士団長殺し』買ったと。
読み始めたがまったく理解できひんと。
焼き直しとも言われてる今回の、以前のキャラを彷彿させるのばかりだとも。
そうゆう下りはまぁ村上春樹の作品を読んでないとちょっとわかりづらい。
しかしあれだけ売れてるんだから…とも思う。
 
二軒目にも行ってみたがまたもや閉まっていた。
やれやれ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-30 07:06 | 酔い | Comments(0)

チャック壊れる

e0359618_08155626.jpg
ファスナーとゆう言い方が一般的なのかもしれない。
ミスチルの唄にもあったな、そんなタイトルのが。
 
朝のこと、起きてシャツとパンツを着てズボンを履く。
なんとゆうか極めて日常的なこと、そして次に悲劇が待っている。
当たり前のことが当たり前じゃなくなるのは悲劇だ。
ベットに入って隣の嫁のパンツに手を入れようとしたら拒まれたり、
入れたはいいがあるべき陰毛がなかったり、
それってやはり悲劇だろう?
 
チャックをあげようとしたらあがらない。
あがらないのをムリにしたら壊れてしまった。
 
前日も履いたズボンだ。
そのような不具合はなかった。
 
いや、ある意味ラッキーだとも言える。
これが仕事場でなら、悲劇も増す。
疲れてたならもっと辛かったはずだろう。
心の持ちようだ。
 
とは言っても新しいズボンだったし朝からテンションは下がる。
下がったから写真を撮りブログネタにしてみた。
醜い老人が貧乏揺すりをする程度のつまらない憂さ晴らし、
誰もが気にも止めない話だ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-29 08:16 | 日々のこと | Comments(0)

雨はしずかに肩を濡らす

二人を濡らすか我々を濡らすか、
二つ思い浮かんだけど妙に意味深な気がしてフツーっぽくした。
ふと、
雨音にそとの通行人の声や動作の音が混じり、そんな言葉が頭に浮かんだ。
 
昨日の朝から、いや朝じゃない。
いつごろか、昼ぐらいからか…。
先週友達と話してたことを思い出してね、
『騎士団長殺し』は全く読む気せんと彼が言い出して
『海辺のカフカ』が一番あかんかったと。
彼的には『ねじ巻き鳥~』が良かったらしい。 
 
死とセックス、この二つを書かない。
そしてそのことにこだわったとゆう作品以降、暴力と異界が付き物になってきた。
若いとき短編集なんか読んでて、
引き出しがたくさんあるなって思った。
今は同じとこからしか出してこなくなったって感じがある。
 
なんて言うか、こだわりが強すぎる。
 
話をもとに戻せば、
カフカのあらすじがどうも思い浮かばなくてネットで探したんだがピンと来ない。
断片的な記憶はある…。
そして雨音だ。
いろんな言葉がない交ぜになって
「雨はしずかに二人を濡らす」が出てきた、
とゆうわけだ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-27 05:33 | 戯言 | Comments(0)

ひさびさの『ローズバンク』へ

土曜の4時ごろか、
西天満のバー『ローズバンク』に入る。
先客有り。
 
フォトアルバムを振り返って見たら一月の末に来た以来、
その前はクリスマスだった。
だいたいここは早い時間に来て店主の話を聞いている、
博識というかあちこち行ってるのもあってたいてい面白い。
その日はミントの古い古い酒、
先客がどっかで買ったモノらしくお裾分けで一口もらったが、
なかなか癖のある味、
ずっとハッカが口内に残っちゃったよ。
e0359618_19463666.jpg
そうそう、一杯目はパッションフルーツを使ったラムトニックとても美味しかった。
 
そのあとはアードベックをね、ストレートで飲んだ。
ようやくストレートも馴染んできたような…本人はそんな気がしてる。
小一時間かな、
もう一杯飲んで南森町まで歩く。
 
春っぽい陽気、良い天気で中之島もやたら人がいた。
花のような女の子がたくさんいた。
着飾っていたから婚活パーティーでもやってたのかもしれない。
 
整体屋に行く。
20分しか出来ませんと。
仕方ない。
 
5時半、まだやってないだろうと思いつつバー『モッシュ』へ。
看板に灯りはなかったが扉は開いた。
声をかけると良いですよと。
悪いな、じゃあとりあえず生ビールを頂戴。
 
ちょっと前に、土曜に来たら閉まっていて
「すぐ戻るから」って張り紙があって待ってみたけど開かなくてね。
その話をしたら平謝りだったけど、
フェイスブックに書いてるとかって前言ってたから
調べたんだがなくて訊いたんだよ。
そしたら本名でやってて店の名じゃないんだとか…。
e0359618_19471546.jpg
ラムをストレートでもらいシガーも頼む。
ようやく外も暗くなってきた。
なんか久々な感じがするなぁ…。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-25 19:47 | 酔い | Comments(0)

立ち止まってネコを撮る

e0359618_08244636.jpg
昨日は飲みに出たんやがその話は次にするとして、
さっきちょっとコンビニに行ってね、
その帰り道にネコに出会ったんだ。
彼はね、
駐車場を横切ろうとしてたんやが、
こっちが立ち止まってみていたらわざわざ足止めて座ってくれた。
一枚写真良いですか、って感じで撮らせてもらった。
 
道路挟んでだから距離はある。
はっきりとネコだなって正直わかりにくい。
 
でもね、近づくと逃げそうな気がしてね。
この距離で撮った。
 
いつもネコを撮りたいと思ってはいてもなかなか出会わないし、
会っても逃げられちゃつたりすることが多い。
別にネコカメラマンになりたいわけじゃない。
飼い猫を撮ったっていいって話もある。
警戒心バリバリのに向かうからダメなんじゃないって意見もある。 

たしかにそうだ。
 
坂の途中にあるパン屋が開いたんで
スマホをしまいそっちに向かって歩き出すと、彼はじっと見ていた。
振り返ると彼も振り返って見送ってくれた。
どうゆう気持ちで見ていたのかわからない。
たぶん春だからだろう。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-23 08:25 | 日々のこと | Comments(0)

チーズが入った牛丼を喰らう夜

一昨日帰り道、
明日どうしようかって考えいたらメールが来て
「明日メシ行かへんか?」と。
オーサカ市内でね、
飲むのがちょっと億劫に感じることがあるんよね。
それは特急がスゴく混むのよ。
プレミアムカーっての導入するってので一両なくなってる状態が続いていて、
京都からの特急がもうスゴい。
 
京都に出るのは空いてる。
迷ってるときに来たからまぁ即答で返した。
そんでどこ行くのかと思ったら珍しくすき家だと言うんで、
バス通りまで歩いて行った。
近くに大学があるからか若い子が多かった。
しかも女子がね、あれはきっと新入生なんだろうってのがたくさんいたよ。
 
カレーが見えたんでそれをって口にすると「それはないやろ」と、
じゃあ三種チーズの牛丼を注文する。
友達は迷いに迷ったあげく鰻丼と牛丼、
そのために朝から何も食べてないらしい。
そうじゃないと食えないとも言ってた。
e0359618_10280942.jpg
久しぶりに食べた。
むかしね、富士宮いたころにマンションの近くにあったんでね店が、
何度か行ったことあってそこでこれ食べていた。
あのときは今より10キロ以上越えていた。
顔なんてパンパンだった。
 
そういや、知ってるか? 
「大谷の肉離れ、内出血が今朝のニュースで映ってた。オレと同じや」というと全否定された。
「まったくちゃう、一緒なわけないやろ」
いやいや現象はそっくりやんか。
 
隣のコンビニに寄って飲み物食べ物を買って家に戻った。
彼は最近行った風俗の話、
邪気を祓う風俗嬢に出会ってビンビンやったと、おまえも行ってこいと。
邪気、これが最近のキーワードになっている。
しかしね、邪気なんか祓ったらオレじゃなくなるって。
邪気で出来てるようなもんなんやし。
 
どこがええんやろなって訊く。
そんなもんオレに訊いたからってわかるわけない。
 
思うにな、と彼は言う。
「正直なとこやろ」
きっと正直にエロいってとこやないかと。
打算やずるさがないとこちゃうかって言われてもね、他の人がそんなに狡猾とも思えん。
正直にさせるとこなんかと言われてもちょっと眉唾だ。
 
そのくせ鮮度がないとあかんとタイプやとも言う。
人に刺激を求めるというか変化しないことを嫌う、
長く付き合えるだけの魅力がないとかって関係性を切りたがる。
付き合うにはそれだけの理由がその人にはある、
長ければ長いほど面白味があるってことだ。
若いときはそんなの引き出しの数を欲しがるけど、
歳喰ってくると数があったからって覚めた目になっちゃう。
趣味が多かったり友達が多かったり忙しそうにしてても、
その人の芯が見えないとって思う。
興味が続かない。
 
要は考えてるなってことが大事ってことだろう。
見たまま聴いたまま、
ありふれた意見でも芯が見えるよなものがあるってのは
結局いろいろ考えてるんやなってこと感じれるかでしょう。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-22 10:28 | 食事 | Comments(0)

ベトナムから届いたお菓子

e0359618_20073525.jpg
先週のこと、
研修でうちの職場に来てもう二年というベトナムの女の子が持ってきたのがこのお菓子、
なんでも彼女の母親が送ってきたんだとか。
ドリアンのクリームが乗ったお菓子、
持ってくるなりパートのおばちゃんたちは大騒ぎ、
臭いわ臭いわ大騒ぎ。
 
狙ったとしたらスゴい。
でもきっと知らないんだろうな。
 
ドリアンが生ゴミの匂いがするからって理由でダメな日本人がたっくさんいるって、
彼女のお母さんはきっと知らない。
もし知ってたら狙ってるよな、
そうゆうベトナム人がもしいたらスゴいって思う。
 
そんな感想、
めっちゃおばちゃんたちのリアクションとは遠い遠い。
遙かに遠く…。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-19 20:08 | 日々のこと | Comments(0)

春の嵐近づく

生憎の雨、外で激しく降っている。
 
写真は昨日撮ったモノ、もうこの桜の花も明日には散ってるだろう。
ずいぶん緑が目に付いてきた。
それでも上の方は花だけ、その先の空の青さと混じってる感じが好きだ。
しばらく見ていたい気になる。
e0359618_08331671.jpg
予報通り雨、まだ風はないけどこれから吹くという。
警報注意報も出ている。
俗に言う「春の嵐」ってヤツ、
この激しさがないと春が来ないわけでもないだろうに…。
 
昨日の朝ね、
あまりにお腹が減ったんでコンビニでねカツカレー、
むかし朝カレーって流行ったよな。
今はどうなんだろ? 
そのころホテルの朝食でもカレーってのがあった。
さすがに飲み過ぎてたから食べれずにバイクに跨がったのを覚えている。
 
そしてポテチ、品切れが噂されている。
たぶんこの手のは大丈夫なんだろう。
 
そしてビール、
レモンピールが入ってるとかって書いてたけど全く感じられなかった。
鈍感だってことなのかな…。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-17 19:20 | 旬のこと | Comments(0)

三軒行ってみる

e0359618_05352756.jpg
京都はね、どうも勝手が違う。
そのなかで月一とりあえず顔出せてるのが祇園のバー『タリスカー』、
最初にこの記事を書いたのが年始めで、
ランキングでも上位に来ている。
実際に行っちゃえばって思うほどにね、ここの店主は素晴らしい。
軽くて下手なジョークも多くて、技術はもっと最上級だったりしている。
 
一昨日聞いた話だと京都中のバーテンダーが週の半ば真夜中に、
お花見をするらしい。
良かったら来てくださいよと言われた。
まぁ「行けたら行く」とも言わなかった。
 
最後の金柑、
ありふれていると自ら言うカクテルを連れは頼み、
こっちはトムコリンズを注文する。
一つ一つの所作というべき、こだわりの作り手を眺める。
グラスを手に持ち、おっとその前に写真を撮って。
ぐぐっといく。
一口でいきそうになるのを制止される。
たしかに、一気に飲んじゃダメだよな。
敬意に欠ける。
e0359618_05360115.jpg
客は7時を越えたらぞろぞろ来た。
年配のカップルが一組、怪しげな年の差カップルは隣に、
若い女性が一人そのあとに来た。
顔がテカってるがキレイな人だ。
ジントニックを飲んでショートカクテル、あれは飲み慣れてる。
というか一人で来ること自体たぶん同業者なんだろう。
 
モスコミュールでね、そのあと盛り上がっていた。
なんでもレベルが1から4まであるらしい。
要はジンジャーの濃さ、だとか。
 
バーボンを何杯か飲んで8時になって店を出る。
そうそう、花見通りは外人ばっかりだったよ。
行きしに通ったら欧米人やらチャイナやら東南アジアやら、
まったく日本人の顔を見ないほどだった。
路地に入ったその先では三人のアジア系おばさんがタバコをぷかぷかして笑っていた。
 
二軒目はすぐ近くのバー『祇園サンボア』、ここは二度目になる。
入ったら若いバーテンダー三人もいてね、前んときと違って驚いた。
客は年齢層高い、
おじいさんってカテゴリーで金ある背広、一人の客が三人ぐらいいたか。
我々のあとには年配のカップル、
そのあとに芸子を二人連れたおじさん数人、奥のテーブルに入ってった。
女将さんって感じの人が出てきて相手してはった。
前のあの人一人だった。
うん、きっと時間帯なんだな。
 
そこではローズバンクを一杯だけもらった。
 
そして丹波橋、どうも定番化してるバーに行く。
カジュアルな場末感がいいんだろうな。
オイルサーデンとウィンナーの盛り合わせ、バーボンは勿論ストレートでもらう。
客は結構いたな、
おじさんばっかだったような気もするがあまり記憶が鮮明じゃない。
何度も繰り返し見たビデオテープみたいにどうもはっきりとしてない。
誰かが言うように、それもどうせいつものことだ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-16 05:36 | 酔い | Comments(0)

昨日の伏見、桜散り出す

e0359618_17164368.jpg
仕事終わりに京都『タリスカー』ってバーに行くつもり、
あまりにあったかくて寄り道をした。
といっても運河の桜をいつも遠目でしか見れていなかったので、
沿いに歩いて駅に行こうと。
 
花びらがすごく川面に浮かんでいた。
それを撮った。
 
夕暮れなのにホント暑いくらいだった。
良い花見日和になったことだろう。
 
港という地名、
江戸のころオーサカからの舟は宇治川からこの運河へ、
ここに船宿がいくつかあった。
e0359618_17201051.jpg
ここで下りて陸路で京の街へ、っていうのがパターンだったらしい。
日本酒の造り酒屋の蔵は今もある。
着物を着た若い子が一人、すれ違った。
商店街へ出て駅へ、金曜日だから町は賑わいだしてる。
いい匂いがしてきた。
ホルモンを焼いているようだ。
 
さて、向かうとするか。

[PR]

by wanio1507 | 2017-04-15 17:17 | 旬のこと | Comments(0)