<   2017年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

花を見ない朝

涼しい。
だからなのかセミ鳴かず、もう夏の名残も少ない。
朝刊を取りに行くついでに庭木に目をやったら、
全く花が咲いてなかった。
アサガオももうなかった。
 
虫の音が聞こえる。
早くも…だ。
もう今日で八月も終わりなんだからと思えば
納得出来ないでもないが、
それにしても過ぎ去った過ぎ去ってしまった。
 
やはりお盆までなんかな、暑かったのも。
もう一山ぐらいあるかなと思いもしなかったけど、
残暑は日中の日差しだけだ。
カラッとしていて風があればずいぶんと楽だった。
 
タイトルには朝がついてるが写真は夕刻、
見上げた青空に月があった。
つくつくぼうしも鳴いていない。
e0359618_18554928.jpg

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-31 18:56 | 旬のこと | Comments(0)

旅で気になった二つ、いや三つのこと

わりと関東には来てる気でいたけどそれまで気付かなかった。
もしかしたら最近のことかもしれないが、
まず一つは小田急に乗ってふと気づく。
窓にカーテンとゆうかブラインドがない。
バスのよにUVカットの薄暗い窓だった。
その翌日にJR乗っても同じでこっちはもうこうゆう流れなんだなと。
 
通勤で毎朝電車に乗ってると
ブラインドを下ろす若いOLや中年サラリーマンを当たり前に見る。
下ろす座るの動作が自然だったりする。
それがない訳だ。
 
たぶん真夏に来なきゃわかんない。
だからもっと前からそうだったのかもしれない。
ホームドアみたく、
ゆっくりと知らぬ間に変わっていってるんだろう。
 
もう一つ、これは帰ってきて気が付いた。
カードリーダー、
スイカリーダーってアプリを入れてるんだが、
二週に一度スキャンしてる。
残高やどこで乗ったかってのがわかる訳だが、
関東の電車のを先週見て驚いた。
 
関東は1円単位の運賃なんやね。
なんかそんな話聞いた覚えあったけどすっかり忘れていて、
それ見て、ああそうだったなと。
なかなか細かい。
しかも、
これはネットで見た話だが
ちゃんと一駅分運賃は最低入ってないと改札通らないとか。
こっちだと10円でもあったら入れて出るとき
足りない分払えばいいんだがそうじゃないらしい。
いろいろ違ってる…。
 
あと、これは電車じゃなくね、ウォータークーラーの話。
最近見ないなって話をしてたのよ、今もあるのかなってね。
そしたら、
小田急デパートの屋上ビアガーデン、
あれで上まで階段で上がったらなんと踊り場にちゃんとあるのよ。
すべての踊り場にあったし、
しかも若い女の子が使うとこまで目にしたよ。
 
見かけるとしても田舎、地方都市だろうと思ってた。
黒電話みたいなノスタルジックな感じで出くわすのかとね。
まるで想定外、あれはまだまだ古臭くないってことなんだろうねぇ…。

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-30 19:03 | 旅人 | Comments(0)

会っていても先はないから

ハウス音楽を聴きながら『騎士団長殺し』を読んでいる。
まだ始まったばかりだ。
出てどれくらい経つのか、半年ほどになるのかもしれない。
先週ようやく友人が持ってきてくれた。
 
五月の連休明けに持ってくる、
そんな話だったのにずいぶん経ってしまい彼も結婚するとゆう憂き目に…。
もしもっと早く持ってきてたら違ってたかもしれない。
先はいつだって、
あってなきよなもんだ。
 
先に誰かに貸してたと言ってた。
ボクシングジムでよく会話するスレンダー美人、
もちろん人妻だが
「もう浮わついた気分であわよくばってのはやめなきゃな」
と帰り際彼に言ってやった。
先がないから面白い。
そう考えないのだろうか?
 
会っていても先はない人ばかりに会っている、
そんな気がして本を閉じた。
無機質なミュージックが乾いた風に溶け合わず、
ニヒルな笑い声みたいに耳に届く。
笑われてるのは誰だ?

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-29 18:52 | 日々のこと | Comments(0)

最終地は静岡―2017夏の飲み旅

もともと甲府で旅は終わりの予定、それを1日加え静岡で泊まる。
だから善光寺の駅から身延線、
ゆっくりと二時間の鉄旅、富士宮で焼きそば食べるため下りる。
 
相変わらずの大盛況、浅間神社はスゴい人だ。
イベントがなくてもこれだけ来るとは…十数年前住んでたときは考えられなかった。
これもB級グルメ、富士宮焼きそばの力なんだろうか? 
横丁にもひさびさ通ってみたけど
賑わってるし新しい料理もあった。
いろいろ名物を作ってるってことだな、安穏としてないわ。
e0359618_19283599.jpg
喫茶店に入って遅めの昼食、
向こうのテーブルには台湾人か中華の家族、
外は隣のコンビニ前にはたくさんの人、難民キャンプのようだった。
あれは東南アジア系だなぁ、
富士登山に集まってるのか別に仕事かなんかか…。
樹海でなんかしてるのかもしれない、あやしいあやしい。
 
そして静岡へ、
すっきりと晴れてなく道中、富士山はまた見えない。
昼過ぎたらたいていはムリだがなんかずいぶん目にしてない。
ついてない話だ。
 
ホテルは繁華街のなかにあるのを選んだ。
ただ前回は気付かなかっただけだったけども
Wi-Fi使えず、たまにあるよな…。
進化とゆうかIT化についていけてない。
でもホテル側もそれが当たり前はさすがにキツいだろう、
テレビにしたって薄型は当たり前になってて安くないよなって思う。
 
一風呂浴びて『マツシタバー』へ、
繁華街外れにある三十歳未満お断りのラム酒バーだ。
まずはビールで喉を潤し、
あまり飲めなかった今回を締めくくるためにラム酒ストレート、
さぁ夜が始まる。
e0359618_19292949.jpg
と威勢が空回り、何杯かで記憶がない。
なにを話してたかは覚えてるんだが
そこを出て次に行った『ラロッシュ』、
そこは全く覚えてなくて気がつけば午前三時のベッドの上…情けない話だ。
e0359618_19301541.jpg
ちなみにこれが飲んだ酒、
そのあと東京に帰った相方が撮っていた。
もう一枚、ジントニックは彼女が帰ったあと撮ったらしい。
覚えてないんだよなぁ。
e0359618_19305878.jpg

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-28 19:31 | 飲み旅 | Comments(0)

八月最後の土曜の話

3時15分に待ち合わせするも遅れるとゆうんで先に入店、
開いたばかりゆうに続々と一人客、中年ばかりが入ってくる。
なんかね、
ブームはわかるけどね、東京からわざわざ来るのはどうなんだろ…。
 
一杯目はリンゴ味、どこの地ビールだったかな。
二杯目は写真の、伊豆の反射炉ビア、おっきなグラスで飲む。
e0359618_19483109.jpg
このころは待ち合わせ相手も来、
一人客おっさんも四人、手前の子は若かったか。
乾杯してメニューからアテを探しフィッシュ&チップス、
前菜五種をオーダー。
前菜はなかなか凝っていた。
 
あ、美術館の隣と先週書いたけど株式会社だった。
館でなく倶楽部となってた。
そうだろな…待ってるあいだ周辺ウロウロしたけど、
高層マンションの工事が多い。
ホテルも何軒かあるし、オフィス街だけに小さい飲食店が案外あった。
 
何杯か飲んでまだ明るいうちに南森町へ、歩いて向かう。
いつものバーは定休日なんで天満宮前にあるバーに入る。
ここもたまに来る。
ふと目についたボトル、オールドクロウをハイボールで注文する。
そのあとはバーボンストレートを何杯か…。
 
そして東梅田へ、
暗くなったら『エース』へだ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-27 19:48 | 酔い | Comments(0)

甲府の夜、翌朝甲斐善光寺へ

下山中、
夕立に会うもたいして濡れず甲府へと、
中途半端で昼も食えてなかったんで遅めの昼メシはそば、
もはや定番化してる店に入る。
e0359618_08000237.jpg
ラー油入り出汁のつけ麺風、
なかなか刺激的な味で気に入ってる。
なんでも東京に数店舗あるらしいこと、初めて知ったわ。
 
わざわざ足を運んで来てたのが次は東京のに行ってみて、
そこがおいしけりゃもうここは来ないかな…。
 
ホテルはそっから徒歩十分、甲府もホテル増えた。
駅のロータリーも工事が終わり見違えるよになってた。
もうなんだかんだ二十年近く来てるが変貌凄まじい。
ま、都内に比べると…ではあるが。
 
夕飯は居酒屋で考えてたけど、
腹減らず、
昔行ったことある地下のビアバーへ行く。
ビリヤードにダーツ、
ソファ席もあるオオバコな店だ。
客は3組か、皆暇をもて余してるって顔つきだ。
オリオンリングをアテに数杯飲む。
e0359618_08010028.jpg
写真は甲府のクラフトビールだ。
その店も近くにあるがノリが合わず…。
 
翌朝ホテルで朝食を済ませ甲斐善光寺に向かう。
歩いて30分くらいか。
行ったことなくてね、スマホの地図見ながらだった。
静かでね、
住宅地を抜けてくとブドウ畑があちこちにあった。
やがておっきな屋根が見えてくる。
これこそ善光寺、
武田信玄が上杉謙信と争って欲しがったお寺、
甲斐に持ってきた本尊がここにあるとか。
実際んとこ長野にある善光寺のほうがはるかに立派でおっきく広い。
e0359618_08015545.jpg
こちらはコンパクトな印象がある。
竜図もあった。
ちょうどお盆で法要をしていたときでね、雰囲気は良かった。
いかにも心休まる感じがあった。
一番スゴかったのが金堂下にあるお戒壇廻りとゆうもので、
これは驚きだったねぇ。
誰もが一度は体験してほしいね、
正直オレはかなりパニクってしまったよ恥ずかしいほどに。
鍵を探すどころじゃなかったわ。
e0359618_08025257.jpg


[PR]

by wanio1507 | 2017-08-26 08:03 | 旅人 | Comments(0)

そしてこの夏も山梨へ

三日目は朝からJRに乗る。
八王子に出て中央線に乗り換える。
松本行きとは珍しいのがホームに入ってきた、迷わず乗る。
 
相模湖にでも寄ろうかと考えてたが
人が結構下りるし、駅の外も少なくない人の姿…やめる。
じゃあフルーツ公園のある山梨市、
昔この駅の裏にある小さなワイン工場が見学出来た。
と期待して下りて行ってみるも休み、
しかも今は予約しないとダメらしい。
時の流れだ…。
 
駅前にある市民センターでしばし休憩、
フルーツ公園上にある『ほったかしの湯』、
そこに行ける1日数本のバスを待つ。
冬に歩いてチャレンジしたが途中で断念した。
バイクでだとスイスイ、
何年か前はレンタル自転車で、こいつはキツかった。
昔行ったときは早朝でその前夜甲府のバーで訊いたら、
山梨の人は誰も行かないって。
温泉があちこちで入れるからね、
わざわざ山の上まであがらんらしい。
たしかにあがらなくても
富士の頂上は連なる山々の上に見える。
e0359618_19294900.jpg
前にはなかった市民センター内の喫茶、白ワインとカレーパンをいただく。
もちもちの食感、熱々だ。
こんなのも出すのか…。
外には足湯もあったしな。
 
さて、バスに乗ってフルーツ公園へ。
『ほったかしの湯』は下りたとこから二十分ほど歩く。
いや登る。
なかなかの距離だ。
しかもたくさん来てたよ、車もぎっしり…。
 
久しぶりだわ…。
相変わらずいい湯でした。
思ったほど混んでなくてゆったり出来た。
e0359618_19302210.jpg
そしてまた白ワイン、湯上がりにいただく。
ワンカップので、これが山梨ならではなんだよなぁ。
ワインがすぐ身近にある。
吹き抜けてく風が心地良い。
夏とゆうにそんな暑くないのよな。
ガンガン照りがやっぱこっちはないなぁ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-25 19:30 | 旅人 | Comments(0)

小田原に行ってみる

そんなわけで二日目は小田急に乗って小田原に行く。
そこになにがあるか、別にたいしたもんはない。
城と箱根だ。
 
小田原には昔行ったことがある。
東京の友達に誘われレンタカーで富士山の何合目かまで行った。
もう20年くらい前のこと、だからあまり小田原の記憶は残ってない。
富士山のことは覚えてるがなぁ。
そのあと一度くらい行ったかな…。
 
着いて驚いた、駅がスゲー立派‼
e0359618_19212751.jpg
JRとも隣接していてもう神奈川の果てとは思えぬほどキレイでおっきく、
土産物屋もレストランやカフェもオシャレでした。
熱海の駅もキレイになったけどね、こっちのほうがスゴい。
でも、
そこまで立派にする理由がわからん。
やっぱり箱根の力?
 
干物が並ぶ通りしか記憶なかったんで、
外へ出てそちらへ向かうも、城までの通りもなかなか洒落ている。
すっかり都内っぽい。
しかも人がたくさんいる。
駅もそうだし城もそうだった。
たいした城じゃないのに、
関東人が城に飢えているってのはホンマなんやな。
e0359618_19222600.jpg
目当てはね、城じゃない。
なんでも相方がツアーで一度行ったことあるとゆう港、
新鮮な魚介類が食べれるってことで城を横目にそっちに向かう。
歩くと小一時間ほどかな。
駅で三つか。
早川とかゆうとこだ。
 
行くまでおっきな家ばかり、
昔からの地主かなんかだろう立派な屋敷が並んでた。
そのさき蛇行する坂をゆっくり下ると川、そして海が見えてくる。
その上には高速道路だ。
ここはね、一度バイクで走ったことあるんだ。
もうずいぶん前になるけどね。
港はその向こう側にあった。
 
小さな漁港、
そう思ってたんだが橋を越えるとどうも様子が違う。
臨時の駐車場があり人もたくさん見える。
知る人ぞ知るなのか、
誰か有名人が来たのか雑誌かなにかに取り上げられたか、
どうも人気のスポットのようで市場は行列が出来ていた。
ちょっと並べんな…。
e0359618_19233433.jpg
しばらくウロウロして
半額でマグロの中落ち丼を出してる店で昼メシとした。
 

小田原から帰る、町田へ。
夕暮れだ。
 
夜は小田急デパートの上、屋上ビアガーデンに行く。
ジンギスカン鍋らしく、さすがは東京って感じ。
生ビールも自動で機械が注いでくれる。
お盆ってことで客層はバラバラだったね。
しかも関東は曇りがちな天気ばかりで
夏らしいとこはどこもからっきしダメみたいだ。
e0359618_19242931.jpg

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-24 19:24 | 旅人 | Comments(0)

夏休みに行ってきた―宇和島での話

夏休みの話もようやく最終、
なかなか辿り着けずヤキモキさせてしまいました。
宇和島にバーはなく、夜は飲まずでした。
一軒それらしいのがあったようでしたがもう潰れてた。
スナックや居酒屋で飲むのも趣向じゃないんでホンマ早く寝た。
 
腹が減ったまんまホテルに入りとりあえず風呂入って汗を流す。
一度来てるだけにだいたい場所はわかるんで、
バス乗り場に行き商店街を歩く。
スーパーがあったはずもなく、飲食店も見当たらない。
仕方なく、海に向かう。
道の駅のよなとこがバイパスのとこにあり前はそこで食べた。
 
おっきな道路を越えると郷土料理を扱う和食店が見えた。
どうも開いてるみたいだ。
4時だし、店内はガラガラ、
最後の夜だしゴージャスにと注文したのがこれだ。
e0359618_19451751.jpg
鯛めしはもちろん、
ジャコ天とフカの湯引きと刺身、郷土色豊かな夕飯となった。
アルコールなしだ。
e0359618_19460208.jpg
しかし、
そのあと寄った道の駅で
ジャコ天をカツフライにしたのをパンに挟んだ名物、
たこ焼き屋も見つけたんでようやくたこ焼きも買った。
ホテルに持って帰って食べたよ。
 
翌朝すこし時間があったんで宇和島城を見に行く。
山城なんでなかなかしんどいが
見張らしはとても良い。
e0359618_19464157.jpg
e0359618_19471653.jpg

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-23 19:47 | 旅人 | Comments(0)

新婚旅行は伊勢らしい

e0359618_19511883.jpg
日曜日に友達と焼肉を食べに行った。
一ヶ月ぶりぐらいになるのか。
その間、
相手の家に挨拶行ったり両家の顔合わせあったりと、
とりあえず前に向かって進んでるらしい。
結婚式はしないが旅行には行くんだと。
お伊勢参りらしい。
 
賢島で泊まって翌日貴船の川床、彼なりのロマンチックってヤツだ。
ま、結婚なんて現実しかないって言うからね、
その程度は必要なんだろう。
 
来年の三月が予定日とゆうことで来月半ばに彼女は仕事辞める、
そうなると新居とかって話になる。
旅行は来週とゆうから籍ももう入れるんだろう。
他人事とはいえ、トントン拍子って感じだ。
もう引き止めるものはなく、引き戻ることも不能だ。
 
こうやってメシ喰うことも減るよな、
と言うと今だって年に数回だと言ってくる。
いや、悲しんでるわけやなくホッとしてるんだ。
きっと寂しく思うのはもうちょっと先だろう。
今は肩の荷が下りたよな変な感じがあって、
オレもわかってない。
そう、よくわかってない。

[PR]

by wanio1507 | 2017-08-22 19:51 | 日々のこと | Comments(0)