酒粕のケーキはいつ?

買った記憶がないんだ。
売ってたのは覚えてるんだが、
いつの間に買ってたか全く覚えてない。
 
そういや、
結構記憶があいまい、途切れ途切れになってる。
居酒屋もね、気がついたらいたって感じでね、
時間も2時だったような気もする。
昼からなのに結構人がいるんだなと
思いながらハイボール飲んでた。
e0359618_18511380.jpg
あまり、ケーキなんて買わない。
だからあまり食べない。
けれどこれは食べた。
なるほど、酒粕がほんのりするわ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-30 18:51 | 日々のこと | Comments(0)

長い飲みでした

昨日、誘われて伏見の日本酒メーカーに行ってきた。
初めてなんやが以前前を通ったことがあり、
そのときもイベントしてた。
なんでも春と秋にやってるらしい樽開けなんだとか。
 
地ビールも、そこは作ってる。
町屋っての、そういや京都の美術館で飲んだわ。
地ビールは20周年だって話、二百円で飲めたよ。
ホップましましが限定で出てた。
e0359618_12381341.jpg
十時から行って最後までいた、三時だよ。
そのあと大手筋まで歩いて居酒屋でハイボールを飲んだ。
 
イベントには結構人来てた。
やっぱおっちゃんおばちゃんが多かった。
食べ物も充実してたし、
音楽もありマジックもあり、楽しく飲んだ。
地ビールもね、4種全部飲んで二順半して10杯はいったな。
日本酒もちょろっと飲んだ。
雨がね、
降ったりやんだりの生憎の天気だったけど、
暑すぎず寒すぎず長々と飲むには良かった。
 
残念なんはアッサリしてた味がね、地ビールの。
前飲んだときもこんなんだったかな、
ましましも口当たりや一口目は良かったけど
後口が物足りなかったね。
スタウトが辛うじてだったかなぁ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-29 12:39 | 酔い | Comments(0)

日が暮れるのがはやくて

珍しく金曜日、この時間にうちにいる。
もう外は真っ暗だ。
仕事場出るころはまだ明るく、
電車に乗ってると西の空が朱に染まっていて、
ホームに下りるともう暗い。
e0359618_19253508.jpg
写真はそのタイミング、昨日のだ。
昨日今日と定時で、疲れた身にはありがたかった。
さすがにもう若くないと痛感する。
 
つるべ落とし、人生ってのもそうだったらいい。
あっとゆう間に、
夢見心地のうちに焼かれたらな、
なんて思うが実際、
そうゆうのに限ってウダウダしてる。

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-27 19:26 | 日々のこと | Comments(0)

寄ってるぞアピールをする

酔ってるときはそこまで気が回らないが、
毎朝の通勤時の電車、
座るときは出来るだけ狭く幅とらぬよう心掛けている。
以前のブログで、
足を組むなと言い続けてたおかげで、
ずいぶん足を組んでる乗客を目にしなくなった。
あまだ足を意味なくガバッと広げてる人はオジサンを筆頭に少なくない。
 
あと最近気になるのは詰めない寄せない人だ。
まだ空いてるときに座って足を広げ、そして寝る。
ホンマに寝てるか寝たふりなのか分からんけど、
周囲に人が座りだしてるのに動かない。
詰めれば一人座れるのに気づかないのか、
気づかないふりなのか…。
 
だから個人的に、
空いてるときに座ってもあまり余裕持たずにしている。
肩幅の足幅にして寄ってるぞアピールをしている。
偉そぶったり変に場所取らないよにして、
謙虚とゆうか邪魔にならないよにしている。
 
そんなこと人に言うと
酔っ払って電車乗ってるとき周囲に迷惑かけてるだろから、
それぐらい気を使うべきだと断罪された。
たしかに否定は出来ない。
それでプラスマイナス0なら仕方ない。

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-26 19:15 | 日々のこと | Comments(0)

リベンジ町田の話

言うまでもなく最大の目的がこれ、
夏に来たとき長期休暇中で食べれなかった小籠包、
これを食べに再び町田に来た。
関内から電車に乗り、
着いたのは11時少し前、
寄り道もせず向かうとすでに列が出来ていた。
 
30分は待たなかったかな、
20分足らずぐらいで買うことが出来た。
熱々らしく、
ちょっと離れた場所で食べようとしてもかなり厳しかった。
あれをすぐ食べれる人は凄いよな…。
 
メディアにも多く取り上げられ連日行列、
どれほどのもんだろと期待値は否応なしにあがる。
知ったのはもう十年くらい前になるか。
 
6個入りと4個入りで売っていて、6個のを買った。
さすがに肉汁は熱々でちと舌を火傷するほど。
でも美味しいのは肉汁と肉だね、
皮のほうはあんまりでもなかった。
だから数は食べれそうにないな。
飽きちゃう。
e0359618_21055214.jpg
皮の味はもっと美味しく出来るだろう。
でも、と思う。
今であれだけ行列出来てたら、
わざわざって感じはなくないよな。
究極なんて目指さずとも儲かってるんだし。

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-24 21:06 | 食事 | Comments(0)

その夜もまたバーめし

母親が検査入院ってことで、
木曜また帰りにパブとゆう名のバーに寄り、
バーめしをいただく。
先週の、
アードベック飲み比べも2度目だったみたく、
似た内容のを以前書いていた。
過去の記事、
たまたま目にすることがあって、
代わり映えせんこと書いてると我ながら驚いた。
 
ビールはスコッチエール、
こいつを二杯、
ボイルしたウィンナーとピラフがその日の夕飯だ。
e0359618_21063809.jpg
日曜日あったカクテルパーティの話をした。
ここの店主の師匠が20周年ってので盛大なパーティが京都であった。
京都中のバーテンダーが来るってんでね、
店主に誘われオレも参加させてもらったんだ。
貴重な体験だったよ。
 

翌金曜は、ひさびさに『モッシュ』で飲んだ。
そこでのバーめしは唐揚げにビーフジャーキー、
一杯目には生ビールをもらい二杯目にラスティネイル、
あの中華街で飲んだカクテルをもらった。
e0359618_21081898.jpg
しばらく来なかっただけにいろいろと話した。
今月の初めであのバーも4周年、
早いとゆうか順調だ。
シガーに火を点け、ハバナクラブをストレートで。
 
気がつけば八時、客がぞろぞろ来た。
さて、次はどうするか…。
e0359618_21085701.jpg

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-23 21:09 | 酔い | Comments(0)

イマイチわからん言葉

ネットゆうのは
突然なにかとなにかをくっつけて新しい意味を押し付けて、
ポンと作り出す。
ネットに限らずメディアってのはブラックボックス、
緑のおばさんが言いそうな単語を使うならそうゆうことだ。
昨今じゃ緑のおばさんといえば現●知事、
しかし緑のおばさんといえば
ウルトラの母だと思った人がどれだけいるのかなぁ…。
 
さて、
「感動ポルノ」ってのがわからなかった。
ちょっと調べたら、
気になったサイトとは微妙に使い方が違ってた。
なんだろ、
頭がいいって言いたいのか
知らず知らず当たり前になってるか、
批判してるが故の落とし穴か。
策士策に溺れる、
それこそ緑のおばさんみたいじゃないか。
 
調べてるとき「感動パンツ」ってのもあった。
一瞬あのネタかと思った。
あのファンだった医師が女優に撮らせたってゆう素晴らしい1枚、
あれを個人的には「感動パンツ」と呼びたい。
 
ああゆうのは良いね。
いいねボタンがあるならスゴくクリックしてしまうなぁ。
社会的じゃないってのいい。
高揚の世界の一つだ。
やはり性というのは人の裏側で、社会から遠く離れている。
たぶん否定的に見てる人だって
心の底じゃうらやましいって思ってる。
やましい、の裏はうらやましいだ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-22 08:11 | 戯言 | Comments(0)

悲しみの夜

e0359618_13324480.jpg
酒庫の先代マスターが亡くなったと聞いた。
八十二歳の大往生、店の三階で酒のボトルに囲まれて最後を迎えたとゆう。
 
二十歳のころ初めてここに来た。
月一通い出したバー、いろいろとあの人には教えてもらった。
 
昨晩はね、
気が向いたとゆうか二軒目にそこを訪れる気はなかったんだがね、
迷ってふと足が向いたんだ。
賑やかだったよ、
満席でね、次から次へと客が来た。
昔の、ちょうど通い始めたころがこんな感じだった。
だから余計、しみじみとした。
 
泣いたのは曽木の店でね、
一杯だけもらってちょっと涙ぐんだ。
悲しいってのを噛み締めたよ、
悲しみって…なんてかホンマ他の言葉にはならない。
身内の死とは全然ちゃうもんだ。
魂が泣くよね。

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-21 13:32 | 酔い | Comments(0)

中華街で飲むとゆうこと

e0359618_13265939.jpg
中華街にあるバーで夜は飲んだんだが、
肩透かしってのはまだ続いていた。
とゆうのもまだ口開けの店に入って、
長い長いカウンターの入り口近くに腰掛け、
一杯目はビールだろうと頼んだわけよ。
バスペールエール、そう言ったつもりだった。
 
若いバーテンダーでね、
見てるとドランブイにウィスキー、ロックグラス、
注がれたカクテルは我々の前に置かれたよ。
ラスティネイル、たぶんそれだろう。
なにも言わずに飲んだよ。
e0359618_13273101.jpg
ハンバーガーと若鳥の唐揚げ、
ビールで飲むの想定してただけに正直厳しいもんがあった。
連休のせいもあって、店は年輩のカップルばかり。
ここは何年ぶりになるのか、かなり歴史のあるバーのはずだ。
でかいキャパだからちょっと顔が見えないとこがあるのが玉に瑕か…。
 
エライジャをストレートで飲んだのかな。
三杯飲んで店を出たよ。
e0359618_13280388.jpg
そのままふらふらと二人、
海が見えるとこまで歩いてね
赤煉瓦でオクトーバーフェスしてるの覗いてホテルへ戻った。
e0359618_13282665.jpg
いや、一軒、
ホテルの前にある店に地ビール飲みたくて入ったんだがね、
そこも見事に肩透かしだった。
ショーケースに並べられたビールが飲めないなんてね、
あんまりな話だよ。

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-19 22:20 | 酔い | Comments(0)

肩透かしの横浜―その3

二つ目の目的は崎陽軒、
シュウマイ弁当駅弁で有名だがちゃんと店を持ってるらしい。
関西ローカルの番組でそれを知り、
一度行って食べてみたいと思っていた。
e0359618_21463052.jpg
横浜駅近くにその店、おっきなビルの本店はあった。
と言ってもね、
横浜駅もガウディばりにずっと工事してるから、
すぐには見つけられなかったよ。
実際駅下りたのもひさびさじゃないかな。
 
店は各階で趣が違い、
料理も中華ばかりじゃなく、
我々は地下の店に入ったんだが、
そこはバイキング形式のビアレストランとなっていた。
いや、今どきの言い方ならビュッフェってなるのかもしれない。
 
しかしその店も中華ばかりじゃなかった。
和洋折衷とゆうかね、いろいろだった。
そのなかでも一番驚いたのがビールを誰も飲んでない。
ビアレストランと銘打ってるのに、
ビールだけは別料金とは言え無料のワインを飲む人ばかりでね。
我々はさすがにビール飲んでたけど、
なんか横浜っぽくない客だったな皆。
きっとあれは観光客、横浜市民じゃないんだろ…。
e0359618_21475045.jpg
腹一杯なって店出たら、
地下の隣の店こそが崎陽軒の中華でとっても並んでいた。
あらあら、そっち? 
ビルじゃないの?

[PR]

by wanio1507 | 2017-10-18 21:48 | 食事 | Comments(0)