半島にあるホテルでの話―2018冬旅

白浜の駅でハプニングがあった。
コインロッカーから荷物出そうと鍵を取り出して驚く、
四桁の最後が欠けてる。
ボロい鍵だったから…
入れるときに気づいてたら番号覚えてるんだが…。
 
入るが一つあったけど、回らない。
さすがに焦ってね、
管理してるのはJRだと聞いて
改札に立つ駅員に事情説明して来てもらった。
彼女もね、いろいろやってみるものの開かずでね。
それでも鍵番号が刻まれてるの見つけて、
開けてくれた。
入るのと違うロッカーだったわ。
 
それにしても焦ったわ。
一時は荷物だけ置いて勝浦に行くかとも考えたくらいにね。
e0359618_19274565.jpg
勝浦までは特急でまた一時間以上かかる。
もう和歌山の端っこ、ちょっと行けば三重県だ。
 
着いたら雨、かなり降ってきていた。
ホテルへは港から船だ。
一度ね、バイクで来たことがあるんだ。
タイミング悪くてそこの日帰り湯には行けなかったんだがね。
渡船はかなり人いっぱい、
これが全部客だからね、やはり巨大ホテルなわけよ。
まぁ着いてもフロントは列をなすわコンビニは館内にあるわ、
迷路のよに広いわでね、大変だよ。
 
老人が多かった、しかもはしゃいでたね。
老害老害と叫ばれて久しいがまさにそれだね、
若いとまだ我慢できることもキツい。
まぁ集団とゆうか団体はちょっとユルい、
気分的にユルいよな。
おばさんでもおじさんでも団体はダメだね。
 
海が見える洞窟温泉とゆうのに入った。
五つほど温泉はあるらしいが、
それぞれがずいぶん離れてるし、人も多い。
早くチェックインしたのもそんな理由からだ。
まぁ評判通り良かったよ。
あったまった。
途中にあるのにも入ってから部屋に戻り、
夜は外で食べようと渡船で港へ。
館内に三つほどレストランはあったんだけど、まだ開いてなかった。
e0359618_19285524.jpg
そんなわけで夕飯は、鴨ソバとマグロの握り。
土砂降りんなか港近くにある古民家、ここも一度来た。
昔の庄屋さんっぽい雰囲気、
堀コタツに入ってなんか時間が止まってしまったよな錯覚、
昭和だわ。
 
そんでもって休肝日なわけで、
館内にあるコンビニで珍しげなビール飲んでぐっすり眠りました。
早いこと寝たな~。
e0359618_19295597.jpg


[PR]

by wanio1507 | 2018-02-28 19:30 | 旅人 | Comments(0)

もっとずっと遠くまで

先週ね、
映画館で浜省のライブを見てたときにね、
よく知ってる歌なのに歌詞にハッとさせられた。
ええ歳して恋に落ちての戸惑い、
って内容なんやがね。
まぁ若くないから
どうしてもそんな歌詞になってくる。
だんだんと老いや死、
そうゆうのが当たり前になってくる。
 
いつも一人で過ごしてたクリスマスが、
今年は違うと歌うなかでね、
降りてきたマイガールが
私には恋人には感じなかった。
そのあとの
「もっとずっと遠くまで走ることになりそうだ」
ってのが友達の人生のことのよに思えてね。
マイガールは産まれてくるベイビーのことだろうね。
 
私もちょっと死生観が揺らいでる。
あのことがあってから臆病になってる感じがどうもある。
それは正直不快だが、仕方ないとも。
波のようなもんで
これを結局のとこ繰り返してくことこそが、
受け入れるゆうか馴染むゆうか、
たぶんそうなんだろ。

[PR]

by wanio1507 | 2018-02-26 21:09 | 日々のこと | Comments(0)

豚まんのこと

昨夜、姪が豚まん買って帰ってきた。
中央体育館でやってたバレーボールを
姉と見に行ってきたらしい。
彼女らはバレーボールが趣味になってるようだ。
 
豚まんは好きだ。
コンビニのはふわふわしてるが
この写真のはギッシリだ。
どちらも悪くない。
e0359618_09494626.jpg
ちょっと前に、
カラシをつけるかソースをつけるか、
どちらもつけるかつけないか、
そんな話で盛り上がったことがある。
土地柄とゆうか、地域によって違う。
家によっても違う。
 
冬になれば、豚まんを食べる。
思い出したよに求める。
だからきっとブログにも風物詩のよに現れてる。
冷麺やスイカやコタツや手袋、
もしかしたらそれらとともに季語にもなってるかもしれない。

[PR]

by wanio1507 | 2018-02-25 09:50 | 食事 | Comments(0)

左の薬指と右の中指

メモに残されていたこのタイトル、
書いた時間からして電車だから車内でだろう。
たぶん乗客の誰か、たぶん。
記憶はない。
車内の記憶からしてない。
乗るところまでは覚えてるが乗ったあとはない。
立っていたのか座っていたのか、
それすら定かでない。
 
気がつけば下りていて、
そこでようやく乗り過ごしたことに気づいた。
だから新快速だったのだろう。
 
30分ほど寒いなか戻る列車を待っていた。
一駅だから歩けなくはない。
ただそんな気になれなかった。
 
思った以上に酔っ払ってた。
6時過ぎに入った『ゑびす堂』、
年配者ばかりで意表つかれた。
若くても私より十も上、
昔ばなしに花を咲かせて、
それをあてに黙って飲んだ。
e0359618_18143084.jpg
キューバリバー、ラフロイグ、余市。
 
地下鉄で南森町、
着いたのは7時…半にはなってなかった。
二人客がいて、
その間の席に座りスプリングバンクをもらった。
e0359618_18155955.jpg
なんだかいろいろ話した気もするがあまり覚えてない。
左隣はよく見ると店主の嫁、
昨晩はずいぶんまともだったな。
前回のこと覚えちゃなかったから
やはりまともだったんだろう。
 
出たのは9時ぐらいな気がする。
記憶はある、そう、乗るまではね。

[PR]

by wanio1507 | 2018-02-24 18:16 | 酔い | Comments(0)

あの夜の続きと翌日のこと―2018冬旅

三軒目からの写真はない。
撮るの忘れてたから内容もさらっといく。
『ラパパス』スゴく物知りな店主がいるバー、
スナックのよな内装とビルがただただ残念。
このせいで向かわない人もたぶんいるだろう。
 
駒ヶ岳の25年、一杯の値を訊くと六千円だと…。
さすがにそんなの飲めない、
たとえお金あって飲んだとしてもきっとわからない。
そんなの単なる無駄、いやもっと悪質な気さえする。
たとえば…やめとこう。
 
もう一軒、和歌山に来たらはずせないバーがある。
ホテル向かう途中に前通ったら張り紙がしてあって、
前夜前々夜と体調不良で閉めてたらしい。
今宵は大丈夫かと行ってみたものの、
やはり体調戻らずで閉めたままだった。
 
とゆうことで再度『風』に寄る。
シェリー酒を三杯ほど飲んでその夜は終わった。

翌朝一番早い特急に乗っても白浜には十時、
どんよりの冬空が広がっていた。
駅からアドベンチャーワールドにはバスで向かう。
実に40年ぶりになる。
小4だったか、まだ出来たばかりだった。
 
今や白浜アドベンチャーワールドといえばパンダ、
繁殖のスゴさから浜家と呼ばれるほど毎年のよに出産してる。
でもしかし、
行ったときはもう一番若いのでも子パンダの雰囲気はなかった。
e0359618_20035398.jpg
たしか産まれたのが一昨年か…。
e0359618_20042810.jpg
三頭いました。
 
それらパンダの父母は別の棟にいた。
イルカのショーとサファリパーク、あとは回れなかった。
結構足早に見たね、
勝浦行きの特急に乗らなくちゃなんなかったから急いだ急いだ。
e0359618_20053991.jpg
e0359618_20050222.jpg
昼ごはんもカツ丼です。
e0359618_20062043.jpg
e0359618_20065940.jpg

[PR]

by wanio1507 | 2018-02-22 20:07 | 旅人 | Comments(0)

今日の出来事

病院に行って日々の血圧の経過報告、
向こうでも計ってみると医者も驚くほど低かった。
効果は出てる。
でも先々週のバーであったことを伝えると、
じゃあ半分の効果のをと言う。
こちらはたいして驚きもしない。
 
出来れば薬なしでと話す。
食事制限と運動、そっちで頑張ってみますからと。
次の人間ドックまで血圧は計り続ける
ってことで納得はしてもらった。
薬の効果は一週間ほどはまだあるらしい。
 
三条まで戻り地元の映画館へ、
浜田省吾のライブ映画がここと数ヶ所でしかやってないらしい。
と言ってもまだ時間あったんで
昼ごはんは回転寿司、ちとゴージャス。
散髪も行く。
そして地ビールの缶があったんでそいつも。
e0359618_19545824.jpg
ライブ映画はおじさんおばさんばっか、平日の昼なのにね。
ライブ行ってもまぁそうで、30代20代はあまり見ない。
おじさんおばさんでもね、ノリが同窓会ではしゃぐのよ。
それがスゴくうっとしい。
 
映画自体は音の迫力がスゴかった。
ライブのなんでなかなか良かったよ。
 
それが終わってから近所の歯医者に行って歯を抜いてきた。
痛み止めと化膿止めを薬局で買ってパン屋に寄った。
おばさんは相変わらず元気だったわ。

あ、梅が咲いてたんで最後に載せます。
e0359618_19562351.jpg

[PR]

by wanio1507 | 2018-02-21 19:57 | 日々のこと | Comments(0)

和歌山の夜の話―2018冬旅

冬旅の続き。
関空からの和歌山行きリムジンバスはスムーズにJRの駅に着いた。
5時ぐらいだったか、そっからホテルまでは結構歩く。
それでも寒くなかったから、問題はなかったね。
 
ホテルの場所イマイチわからない。
橋を越えて見てくるかと思いきや先に看板はない。
バー『風』はその橋の近くにあった。
もう少し川沿いの向こうの信号辺りかと思ってたら突然現れた。
4時からオープンに変えてたけど
今もなのかと覗くと灯りがある。
扉に手をかけ引いてみると開いた。
 
歩き疲れたのもあったしビールをもらう。
渚ビールの黒、和歌山の地ビールだ。
e0359618_18482454.jpg
翌朝白浜に行くのにね、
バスはないかと訊いてみた。
以前はあったが廃止になったと。
そっか、そうよな。
あったよな記憶あったんだよ、廃止か…。
バスは便利なんだが
今は逆に京都とか新オーサカとかからしかないみたい。
 
このバーの特筆すべき、
とゆうかシェリー酒推しなとこがほかと違う。
と言ってもここに限らず
和歌山のバーは何故だかシェリー酒推しなんだよな。
そしてここは特にスゴい。
だから二杯目にはおすすめのシェリー酒を頂いたよ。
 
彼女がね、
和歌山郷土料理が食べれる店知らないかと訊いたんだ。
和食?イタリアン?と聞き返すマイペースぶり、
郷土料理の店は知らんらしい。
学生んときの友達がやってる居酒屋が
メチャクチャ美味いって薦められたんで、
ホテルで風呂入ってちょっとくつろいでから向かったよ。
 
まぁ、暗い道をね、
スマホの地図見ながら歩いてくわけよ。
看板の灯りが見えるたび
あそこかと思い近づくと違ってて、
住宅地をうろちょろする。
大通りからならわかりやすかったかもな、
おっきなビルの裏手にその居酒屋はあった。
バーの店主が言うには魚が美味いと。
だからアジとカンパチの刺身、あとは揚げ物を頂いた。
e0359618_18490128.jpg
写真はつきだし、生中です。
たしかにプリプリの刺身、鮮度がきっといいんだろうね。
腹一杯になるとふらふら二軒目、いや三軒目へ。

[PR]

by wanio1507 | 2018-02-20 18:49 | 旅人 | Comments(0)

まるで浮き世の夜更け

土曜日の京都、
お好み焼き屋から出ると雪、
予報じゃ降ると言ってなかった。
晴れ着姿、
正月じゃあるまいしとよく見るとコリアン、
旅行者誰も彼もって感じになってきて、
ちょっと風情がない。
 
寒いなか舞妓さんと擦れ違う。
こちらはやはり風情がある。
本物だ。
 
二月の『タリスカー』、一杯目はジントニック。
e0359618_12381400.jpg
ルパン好きの内田さん、
待受画面はカリオストロの一場面のようだ。
訊くとやはり新作アニメのこと知ってた。
伏見のバーの話をすると誘ってくれたらよかったのにと言う。
 
二杯目からはバーボン、舐めるよに飲む。
そういや金曜日、
ストレートに変えてもスピードは変わらん、
と飲み友が言ってたと『エース』の店主に聞いた。
彼いわく、あいつは断ること知らず飲み続けるらしい。
一緒に飲んでもそうゆうの知らなかったな。
年明けも朝までいて、
日本酒を飲んでたらしく、注げば注いだだけ飲むそうだ。
 
客が入れ替わったのを機に席を立った。
外へ出ると雪はまだ降っていた。
でも細かい。
積もりはしなさそうだ。

[PR]

by wanio1507 | 2018-02-18 12:38 | 酔い | Comments(0)

ひさびさのパターンで

二月も半ばを過ぎ、
そろそろ花粉症なんてのが話題になってきてる。
寒かったからまだ感覚としてはピンと来ないけど、
もうそろそろだわね。
 
ちょっと迷った挙げ句、
何年か前はよくこうだったとゆうパターンで昨夜は飲んだ。
『ローズバンク』は今年初めてとなる。
年明けにシンガポールとは聞いてたが
先週は鹿児島に行ってたらしい。
桜島に雪が積もるとゆう珍しい写真を見せてもらったよ。
やっぱり寒かったんやね。
 
この冬は全国的に寒く、
徳島や高知でも雪と聞くのに、
こちらは舞う程度しかない。
九州も長崎がスゴかったと聞いてたけど
まさか鹿児島もそうなってるとはビックリだ。
 
なんで鹿児島かと訊けば、
ウィスキーの蒸留所があるらしい。
それも近いうちに三つ目もと、
ウィスキーは世界的にスゴいブームで品薄って話だからねぇ。
今、日本国内でウィスキーの蒸留所は結構出来てるらしい。
駒ヶ岳ってウィスキー出してるとこが自分んとこ、
鹿児島で作ってるのを二杯目にいただく。
 
ちなみに一杯目は金柑使ったカクテル。
e0359618_09435484.jpg
レアなウィスキー津貫、
なにがレアかとゆうとバーボン樽入れて47日、
蒸留所でしか売ってないそうだ。
e0359618_09441468.jpg
ウィスキーと呼んでいいのかさえ疑いたくなる、
かなりの度数のものだ。
 
次は『エース』、ここも初になる。
厳密に言えば大晦日はここにいて年越しもここだった。
だから初じゃないとも…。
e0359618_09444705.jpg
ひさびさにヒューガルデンホワイト、
これぞベルギービール、すべての出発点だ。
 
その出発点の話ですこし盛り上がった。
もうここの店主とも十年の付き合いだ。
何度か飲みに行ったこともある。
まだ新世界が今ほど人がいなくてね、
なつかしい限りだ。
 
そのまま三軒目、南森町へ歩いて向かう。
しばらくぶりだ、こうやって歩くのも。
距離について考えた、人と人との距離についてだ。
近すぎず遠すぎず、うまい距離ってのが人それぞれにある。
人それぞれ、だから厄介だったりもする。
 
同じく度数の高いの、59%とかってボトラーズを一杯目に。
e0359618_09454104.jpg
ビックベイビーって名もスゴいよね。
激しいね、寝てると喉の乾きが尋常じゃなかった。

[PR]

by wanio1507 | 2018-02-17 09:45 | 酔い | Comments(0)

だし巻き玉子パンから始まる日―2018冬旅

ちょっと前にテレビで知ったパンの存在、
訊くと伏見地元の人は当たり前に知ってた。
だし巻き玉子が中に入ってるお惣菜パンらしい。
e0359618_19310332.jpg
それを買ってきてくれたんで翌朝ホテルで食べた。
なるほどと感心するよな味だったね。
濃さがないのが京都らしいとも言えるよな。
発想がまずない。
 
JRに乗りオーサカ市内へ、
東西線を尼崎で乗り換えて神戸線、
三ノ宮には十時過ぎに着いた。
雲もなく晴れて、風もなく。
小春日和のよな陽気さがあった。
関東圏の彼女は初神戸だが欲張ってもいられない。
その夜は和歌山で泊まる、つまり逆に来てるわけだ。
 
ちょっと面白味ないと思ってね、
神戸空港からフェリーで関空、
そしてリムジンバスと考えた。
思うより速く、乗り換えがスムーズがどうかだけだった。
e0359618_19324201.jpg
e0359618_19331917.jpg
そんな理由で、
元町のガード下、南京町、
メリケンパーク、ハーバービレッジと足早に行く。

昼メシは空港でになってしまった。
先にフェリーの時間確認してからだったから、
はやく出来てはやく食べれそうなうどんにした。
カツカレーうどん、なかなか見ないよね。
e0359618_19352967.jpg
e0359618_19342819.jpg


[PR]

by wanio1507 | 2018-02-15 19:35 | 旅人 | Comments(0)