達成感なき晩秋の旅路2016-二日目その1

福井での朝、すっきりとしていた。
眺めの良い部屋の窓からは福井市街が見える。
e0359618_21050147.jpg
フロント横にレストラン、朝食はそこで庭園を眺めながらのビュッフェスタイルだった。
客は出張の中国人のおじさん、だからか静か、朝だからね、
ハイテンションな彼らには会いたくない。
老夫婦や独り者も何組かいた。
カニ雑炊があったんで何杯もお代わりしてしまう。
 
岐阜へは高速バスを考えていた。
駅に行って訊くと次の十時発の便だと席が離れてしまうと言う。
仕方ない、特急しらさぎで向かうとするか。
バスならね、
名古屋出て名古屋メシ食べて岐阜にって予定立てていたんだ。
特急ならそんな急ぐことないとまたウロウロ、
秋っぽく風景を見たくて土手を歩く。
ススキだ、鳶が高い声を上げながら頭上を飛んでいる。 
 
駅に戻るとハピリンでイベントしていた、カニとフグの紅白対決だと。
越前ガニと若狭フグらしい。
でもフグよりカニがどう考えてもメインだったね。
写真は相方が食べたがったカニ汁、といっても一匹丸々入っていた。
会場は手が洗えるようにもなっていた。
しかし客はほとんど熟年、子連れの家族もいたけど独り者のおじさんおばさんが多かった。
考えると一人ならこうやって食べる方が面倒ないのかもね。
e0359618_21061218.jpg
さて、特急に乗る。
三十分前に待ってたので座れた。
サンダーバードなら福井から京都って一時間ちょっと、
だから岐阜もそれぐらいで行けるかなって思っていたら、
全然ちゃうのよね。
二時間ほどかかった。
しかも米原で席をグルッと替えなきゃなんない、
スイッチバックみたく駅に入ってきたら逆方向から出ていくんだ。
初めて知ったわ。
といってもここで乗客のほとんどは下りちゃう。
まぁ名古屋へは新幹線で行くわね。
 
駅弁じゃなく練り物を車中では頂いた。

[PR]

# by wanio1507 | 2016-12-05 21:06 | 旅人 | Comments(0)

土曜の夜にちょいと飲む

さすがに金曜は飲む気にはなれなかった。
それでも白ワインを買ってね、家で飲んでぐっすりと寝た。
深く深く眠った。
土曜もね、ゴロゴロしてた。
夜になって夕飯後に、バスに乗ってパブという名のバーに出向いた。
 
途中、ドラッグストアに寄って風邪薬と滋養強壮剤を買う。
e0359618_09180914.jpg
口開けの客で一杯目からスコッチを、アランのピート香強いヤツをロックでもらう。
一軒だけの時はね、ゆっくりじゃなく早めに強いのを好む。
土曜はバスも早いし飲めるのは一時間ちょっとだ。
チーズを二種類、
一つはイタリアのでまだ熟成は足りずでもう一つはカマンベール、
こっちは熟成されていて臭いもなかなかのもんだった。
ロアをストレート、こういったアルコールがチーズにぴったりと合う。
 
ビールがね、新しいのがまだ入ってないらしくもう一杯ストレートで、
ベンリアックの度数高いのを注文した。
舌先がピリリとするね。
チーズが美味しいよ。
老カップルが来たんで〆にジントニック、バスの時間も迫っている。
顔が火照るほども酔っちゃいない、
残念だがこんな夜もある。

[PR]

# by wanio1507 | 2016-12-04 09:19 | 酔い | Comments(0)

新しい服の袖

e0359618_10175851.jpg
レビューにはこんな風に書いた。

「日曜に注文して、木曜に旅行だったんですがそれには間に合わず。
  今週初めから通勤に四度ほど着せてもらってます。
  昨日の帰り道に袖の合皮が破れていることに気づきました。
  どっかで引っかけたにしても一冬は持たぬとは思わなかったですね。
  ただただ残念無念です」

まぁ形あるモノはいつか壊れる、
というかね、しゃあない話ではある。
回り持ち、良いこともあれば悪いこともある。
これを恨み辛みにしちゃうとダメ人間になってしまう。
さっぱりと忘れれるモノでは勿論ない、こうゆうときはもう考えない。
 
年を食うとイライラするのは損、
それほど時間は残されてないのだ。
誰かのことを恨むのも妬むのも、
隣国ではそうやって騒ぎ続けてるけどあれはやっぱ国民性なんだろう。
まぁ大衆主義と言うね、今はちょっと時流でさえある。
 
ま、頑張ってこの服で年末までは着るかな。

 
どうもね、遅れたのはメール便のせいだったらしい。
レビューについて批判はやめろとその会社から朝からスゴい数の電話とメールが来てる。
怖い怖い。
とりあえず到着については削除したが
結局こっちは袖は破れて満足品じゃなかっただけに踏んだり蹴ったり、
これがネットショッピングの恐ろしさってヤツなんだろうね。
 
つまりネットで悪口書かれることが怖いってことなわけ、
わからんでもないがね…。

[PR]

# by wanio1507 | 2016-12-03 10:21 | 戯言 | Comments(0)

毎朝●●●●●を飲んでいる

このところ残業続きなんで疲れが寝ても取れてなく、
火曜から毎朝レッドブルやモンスターエナジーなんかを飲んでいる。
どれだけ疲れたまっても水曜日か木曜日だったのに、
先週末の旅の疲れもあるとはいえやはり老化なんだろう。
もうね、昨日なんて昼過ぎから眠くて眠くて。
e0359618_21324226.jpg
そんなもん何の役にも立たない、
ただの気のせいだと言う人がいる。
まぁ当たらずとも遠からずなんだろう。
暗示のようなもんだと言う人もいる。
じゃあ暗示に乗ろうじゃないかってね、なんしか藁にもすがるってヤツだ。
ほんとはドリンク剤、茶色い小さい瓶のが効く。
しかし自販機だとなかなかお目にかかれない。
 
前に派遣で行ってた茨木にあった企業には食堂に瓶のを売る自販機があった。
夜勤もあるとこだったからニーズがあったわけだろう。
 
とりあえず今日で終わる。
明日は飲まなくていい。
インフルエンザも流行ってると体を労るウィークエンドになりそうだ。

[PR]

# by wanio1507 | 2016-12-01 21:33 | 日々のこと | Comments(0)

達成感なき晩秋の旅路2016-初日その3

そんなわけで福井まではサンダーバードで一時間足らず、着いたのは夕暮れ近く。
ホテルは旧ワシントン、立派だが時期はずれだからか安く泊まれた。
それでも眺めのいい部屋だった。
 
寒さも一番感じなかった、もう雨もやんでたし。
ホテルでしばし寛ぐ、風呂に入ったりノドグロ食べたりお茶を啜ったり一眠りしたり。
テレビ点けて驚いたんやが民放って二局しかないんやね、何回か来てるけど知らなかったわ。
まぁペイチャンネルは見てもゆっくり見ないからな…。
 
日が落ちて夕飯をとホテルを出る。
雨だ。
13階だかの部屋に戻る気になれずそのまま飲み屋街へ、しかし雨はなかなかに激しい。
それでもなんとか焼き鳥屋まで辿り着く。
秋吉とゆう福井県民なら知らぬ者はいない焼き鳥屋、全国にも展開してる有名チェーン店だ。
小ぶりなんやけど串は5本でワンセット、
店内は威勢のいい声が飛び交い誘われるよに6時を過ぎるとかなり客が入ってる。
一人客も何人かいて、瓶ビールと焼き鳥で勝手にやっていた。
なるほど、居酒屋よりいいかもしんない。
 
腹一杯で店を出る。
まだ7時じゃない、『サムデイ』はまだやってない。
開いてるかと老舗のバーに行ってみる、看板に灯は入り扉を押すと開いた。
初めて福井に来たとき最初に入ったバーはここだった。
御年74歳、元気なマスターだ。
二人してカクテルを一杯目にもらう。
そっからバーボンだったかな…。
話は尽きない、まぁ驚くほど知識も情報も豊富な人で、
珍しいの飲みますかと勧められたのは珈琲のお酒、リキュールでなく自家製のとか言ってた。
e0359618_21225381.jpg
相方がね、二杯目に迷ってメニュー見ながら決めかねていて、
なんかオリジナルカクテルなかったっけっマスターに訊いたんだ。
「キッスオブなんとかっての」
そしたら昔のブランデーの飲み方って言ってブランデーグラスにウォッカ注いで火を点けてね、
昔のグラスなら出来る言いつつ店内の灯りを落とすと青白い炎、
そうやってあっためたグラスにブランデーを注いで、
それも倒してもこぼれない絶妙な量でね、
それはまぁ香り立つブランデーになるわけよ。
なかなかのパフォーマンスだった。
 
年配客が来たのと入れ替わりに店を出て、『サムデイ』へ。
まぁここの店主の適当さ加減満載の笑い話はここじゃ控えておこう。
飲んだのはギネスを三杯、ジンもストレートで何杯か飲んだなぁ。
前夜に引き続き楽しんだ夜でしたわ。

[PR]

# by wanio1507 | 2016-11-30 21:23 | 酔い | Comments(0)