遅き紅葉狩り、松本城を添えて

e0359618_18511103.jpg
フランス料理とかってそんな名前だったりする、
「オーストリア風カツレツ、マッシュルームソースがけ」って感じで、
まぁ松本城は人たくさんやし定番からの写真もおもろない、
探しに探してこんな風に撮った。
無論そんときにこんなタイトルは思い付かんかった。
 
高山でも松本でも絵になるよな紅葉はなく、
もう散ってるのがほとんどだった。
それが目的じゃないから
あまり気にも止めてなくて、
松本城も撮ろうと思ってなかった。
だから裏からなんだよね、これ。
まぁ裏って言っていいかはわからんけど、
誰もが訪れる方からじゃないのよ。
 
あまのじゃくなんで、
皆と一緒は嫌いだから
どこ行ってもオリジナルを求めてしまう。
欠けてたり多かったり、
それに満足するよに出来ている。
パーフェクトはきっと魅力的だろうが、
ふさわしくないって思ってしまう。
 
ふと、
タイトルから言えば
メインは紅葉で真ん中にあるべきじゃないかと、
改めて写真を眺め思う。
紅葉狩りを添えて、
って方がとゆう気がせんでもない。
ただ語呂はあまり良くない。
 
嘘も方便、
とゆうヤツで我慢してもらうしかないか…。
ただ努力とゆうか、
いろいろと撮ってるんで
習作みたいな感じを次回は載せる。
裏話みたいなんは正直アルコールがないと
面白さが欠けてくる、
それもまた我慢してもらうしかないかな。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-11-25 18:56 | 飲み旅 | Comments(0)

悪い女

たしか「ズルい女」って唄があった。
まだカラオケによく行ってたころだったように思う。
言葉を変えれば、
若かったころのことだが、
まぁあれからずいぶんカラオケにも行ってない。
 
ツイッターはたまに見る、
ある女の子のだけだが。
コミ障ってのは2次元には強い、
ネットにも強く
昨今は男子女子にあまり関係ないらしい。
 
こちらといえばオジサンで
なかなかそんなの詳しくなく、
だからまぁその手のに教えてもらうってこと少なくない。
教えられてるつもりないのに、とか、
教えてるつもりないのに、とか、
学ぶってのはそんなとこにあるんだろう。
 
何からでも人は学ぶことが出来る、
興味や好奇心ってのはその一番の入り口だろう。
 
夜の十時過ぎてたのかな、
今からカップラーメンを食べる悪い女だと、
その子は呟いていた。
微笑ましい話だ。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-11-21 19:10 | 日々のこと | Comments(0)

そろそろ銀杏も

e0359618_19553232.jpg
毎年、
この銀杏が黄色く染まると撮ってる。
朝、
ちょうど道すがら出くわす街路樹、
この木がいつも早く黄葉に染まる。
木の上がほんのり紅、
朝日が当たってるからだ。
 
すぐ近くにある桜は染めた葉を落とし始めていて、
微かな音が足下でする。
晩秋のころ、もう吐息も白い。
 
そんななのに
週末の連休は飛騨高山と信州松本へ行く。
きっと寒いだろう。
と言いつつ12月に入れば富山だ。
もちろんまだ雪はなく、
もう紅葉狩りって感じじゃないだろう。
 
でも、
そうゆう寂しい頃合いが好きなのだ。
人が足を向けそうにもないからこそ、
行きたくなる。
相も変わらぬ、あまのじゃくだ。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-11-20 19:57 | 旬のこと | Comments(0)

日曜日の朝のパン

昨日はオーサカへ飲みにと考えてたんやが、
二日酔いと腹を下してたこともあって、諦めた。
時々、飲み過ぎて腹を壊す。
ビールだとすぐ壊れたりする。
 
いろいろ理由はあるんだろう。
一つだけってことはない、
ストレスなんて言っちゃうと現代人みんなだろうし、
今は子供だって、
小学生だってストレスに悩んでる。
犬にだって飼い犬にだってあるとか聞く。
 
A型は神経質と言われO型は大胆だと言われる。
大胆さとゆうのは無神経とゆうか、
逆にストレスには弱い。
過信とゆうヤツか、
胃に穴が開いたりするのはO型が多かったりする。
これは経験的な話だ。
e0359618_11571158.jpg
さて、日曜日の朝、パン屋に行った。
ちょっと遅いと大半が売れていて、
ほとんど開店と同時に客が来て買ってっちゃう。
だからまぁ希望するもんがなかったりする。
と言っても、この3つが今朝の朝食だ。

[PR]

# by wanio1507 | 2018-11-18 11:50 | 日々のこと | Comments(0)

染み入るウォッカマティーニ

よく空きっ腹のビールは効くとか言う、
確かに空きっ腹にアルコールって
ホンマはよくないんだろうが、
あのクラクラっとした感じや細胞に染み渡ってく感じ、
なかなかクセになる。
あれはあれで飲み方としては凄い。
逆に、
先週なんかの腹一杯からのアルコールはダメだね、
すぐ気分悪くなっちゃう。
 
前回寄った『バーフクロウ』、
『タリスカー』前に行ったバーに今回も寄ってみた。
先客おらずで、ウォッカマティーニをまず注文する。
e0359618_20250629.jpg
辛い、ドライな味で、染みたわ。

ゆっくりと静かに飲んだ。
会話はなしだ。
誰もいないと、
やはり独特な緊張感があって、
慣れてないバーってのはそれがまた良い。
心地を場に慣れさす、
この空間、この空気に慣れてく様がね、
居場所になっていければと。
 
飲み干しオリーブを噛る。
向こうが口を開く、次はなに飲まれます?と。
ハイボール、素人のよな口を利く。
ブレンダッドかシングルモルト、じゃあブレンダッド。
ジョニーウォーカーの緑かデュワーズ15年、
じゃあジョニーの緑を。
そっからだね、話が始まったのは。
魔法の言葉とゆうか、
タリスカーの内田さんってのはバーの世界じゃ良い窓口で、
彼のことを喋り出すとなかなか話が弾んだ。
 
6時10分にはなっていたよに思う、すでに先客がいた。
いつもの席に座り、ウォッカマティーニを注文する。
e0359618_20362015.jpg
この席はいつも空いてる、皆入り口に近くに座る。
そういや、
宮本さんとこは奥だし岩崎くんとこはほぼ中央、
レゼルバは入って3席目が定位置になってる。
意識はしないが
やはり自分の席のよな気になり、
空いてると嬉しい。
 
先客は白ビールであがり、
オバサン二人が旅先っぽい感じで入ってきた。
ここを知らずに入ってくるとはなかなかのもんだ。
一杯だけと断ってシャンパンて白ビールを頼んでた。
彼女らと入れ替わりで
オジサンがカウンターの入り口近くに座った。
オレはもう何杯目かのバーボン、銘柄を変えながら飲んでる。
写真はイエローローズオブテキサス、昔よく飲んだバーボンだ。
e0359618_20280185.jpg

[PR]

# by wanio1507 | 2018-11-17 20:43 | 酔い | Comments(0)