タグ:外食 ( 87 ) タグの人気記事

6勤に必要なもんて…。

年度末が近づくと忙しくなる仕事、
先週は土曜出勤だった。
もともと新年会っぽいってのをしようか
と話もあって金曜日、
何人かで仕事帰り飲んだ。
 
その前夜、
ずっと気になってた焼き鳥屋に行った。
その駅の周囲には驚くほど店がなく、
十軒も満たぬくらいなのに乗り換え駅で、
やたら塾ばかりあるちょっと変わったとこ、
半世紀近くとゆう老舗の焼き鳥屋に
一度入りたいと思っていた。
 
仕事先から二駅、歩いても30分もかからない。
5時から開店と聞く、常連ばかりだとも。
5時半に入る、
メニューは壁にかかれたものだけらしく、
カウンターに座るなり「初めて?」と、
おでんもあるよと店主に声かけられる。
とりあえず瓶ビール、鶏モツ煮、マグロの刺身、
そしてだし巻き玉子を注文する。
e0359618_12354753.jpg
しばらくするとずらっと四人、
年齢さまざまなオッサン、
たぶん常連だろうが並ぶよに座る。
おでんを頼んでる。
 
さて、焼き鳥を頼む。
四種類5本ずつ、と言うと「5本ずつ?」と驚かれた。
いやいや、
まとめて頼んだほうが焼き鳥もそんな種類ないし、
と思うも口に出さず「お願いします」とだけ。
 
安くて旨かった。
腹一杯なった。
こうゆう家庭的な雰囲気も嫌いじゃないな。
 
そして新年会っぽいのは鉄板焼屋、
生ビールと焼きそば、キムチのセットを食べる。
かいわれ大根を乗っけたお好み焼きがレモン醤油で食べるとゆうのも
人気あるだけあって旨かった。
 
伏見もこの辺りは全く知らず、なかなか賑わってた。
カラオケに付き合って電車乗ったのは9時前、
それでも最寄り駅からのバスは少なく、
30分待つのも辛く、
パブとゆうバーに向かう。
終バスが一時間後だし
翌日も仕事だし一杯だけもらう。
e0359618_12382185.jpg
度数高いのは夜中喉乾くから、
ロアをストレートで飲む。
あまり他じゃ見ないボトル、
人気がないのかもしれない。

by wanio1507 | 2019-01-28 06:22 | 酔い | Comments(0)

新年、静岡に飲みに行く二晩目-飲み旅2019

本当に価値がなかったら生きてることは罪に等しい。
 
ヒリヒリと喉が乾き、
何度も目を覚まし水を飲んだ。
けれど朝はちゃんと来た。
 
気だるげな朝もあれば炭酸水のよな朝もある。
髪ボサボサな顔がとても愛しく、
猫のよにトドのよに横たわり惰眠を貪る姿を、
朝のニュースを目にするがの如く眺める。
熱いほうじ茶啜る。
 
思うに、
年末年始ゆうのは京都の町ならいざ知らず
ゲレンデある山の麓ならわからぬまでもなく、
そう、宿泊客は少ない。
だから安い部屋があったりして、
そこに泊まったりする。
朝食を済ませば、
また我々はテレビをフレンズに惰眠を貪る。
 
三島大社、
静岡県内一の初詣客らしく古い古い神社で、
個人的には何度となく訪れているが初詣は初めてである。
5日の日にもかかわらず客はいた、
なかなかの数だった。
露店も出ていた。
 
おみくじは吉、ボチボチとゆうヤツだ。
e0359618_20415581.jpg
天丼と穴子天丼、
それを食べて別々の新幹線こだま、
あなたは東にわたしは西に、
振り向いたら負けよ。
 
再び静岡市、
ホテルは荷物、
わたしはバスルーム、
うつらうつらはベッドの上だけ。
ヘパリーゼはコンビニ、
さっきクローズのバーの前へ諦め悪く再び、
けれどもオープン。
金属音、扉を開ける。
e0359618_19033879.jpg
ジントニックは『アルケニスト』、
冷えた店内で刑事コロンボばりに頭をかいて
「静岡タイムです」と遅れた開店に言い訳、
とにかく開けてくれて良かったよ、と笑う。
睨み鯛の話としめ飾りの話をして、
わかったよに思っててもまだまだ知らぬことはたくさんある。
そしてジンを使ったカクテルを、
もう二杯ほど飲むと8時近かった。
 
二軒目は『トリスタン』、
円卓の騎士の1人の名らしいが
たぶん意味はそれ以外にもあるんだろう。
奥に女子会風三人、
タンカレージンのストレートをまずもらう。

口が重いとゆう訳じゃない。
でしゃばり過ぎずがモットーなんだろう。
こちらもあまり喋り過ぎずを意識する。

最後に昨日飲めずの『マツシタバー』、
赤ワインをその夜は頼む。
客は老夫婦二組、
店主に合わせてと言った感じだろうか、
後で聞いたら手前のご婦人は店主の姉、
夫婦に見えたが違ってたようで
相手の人はうちの母親と一つしか違ってなかった。
皆さん元気だ。

もう一軒とね、
足は向いたが人が多そうだったからホテル戻ってね、
ウェルカムドリンクがわりの熱燗を
はんぺん食べながら飲んだ。
e0359618_19100888.jpg
まさに飲み旅な新年の始まりだった。

by wanio1507 | 2019-01-13 19:15 | 飲み旅 | Comments(0)

3日の夜の話

年の瀬から会ってメシ食おうと誘われながら、
なかなかタイミングが悪く叶わなかった。
正月はどこにも行かないのか、
とメールが来て2日3日ならいると返した。
2日は嫁さんの家に行き3日は実家と初詣、
夜にならと連絡が来た。
 
家族をもつとゆうのはいろいろ面倒なことが増えて大変だ。
でも面倒なことを
ちゃんとこなせるかどうかって大人な範疇だろう。
きっと面倒を後回しにしたりうっちゃったりするから、
幼い国民性になった、
そんな気がする。
 
日が落ちたころ彼は現れ
二人して国道沿いの韓国のドンブリ屋に行く。
道すがらのファミレスは大繁盛、
やはり正月だから家族連ればかりだ。
e0359618_21090656.jpg
通ってたジムが西院から宇治に移ったとゆう話は前回聞いていた。
そこに50半ばの筋肉ムキムキのオーナーに住んでて、
家の裏庭に改装した建物でやってたんだがね、
亡くなったらしい。
しかも一人でバーベル上げてって、急死だわ。
そっからね、
人の命は儚いものとね、
そんな話になった。
 
まだ子どもが8ヶ月で、
まぁ頑張ってかなきゃなんない。
それでも寿命はあるわけで、
70歳まで働かなきゃみたいな話がまかりとおっている。
何のために?って思う、
元気なうちはわからんでも足腰、頭がね、
ダメになったらって思う。
もういいじゃないかってね。
 
高校んときのヤツがもう引きこもって長い。
友達も
結婚とか子ども出来たって
さすがに連絡出来んかったと。
理解者とゆうかあたたかく見てたから、
今の状況を伝えにくいみたいだ。
でも仕方ない。
現実ゆうのは一分一秒しっかり進んでいって
決して後戻りなんかしないわけで、
長い長い年月自分のことしか考えてないヤツに、
たぶんなにもわからない。
 
オレは、
役に立たないって生きる価値ないって普通に思う。
もちろん役に立つってのもいろいろあるし、
いろいろあっても構わない。
年食うまではそれでいい。
年を食ったら社会の役に立つ、
それ以外はね、
ちょっとどうかなって自分を省みて思う。
長生きなんて、
役立たずにはダメだよ。
 
他にもあれやこれや話したが、
とりあえず今言葉に出来るのはこの辺りかなぁ。

by wanio1507 | 2019-01-08 21:11 | 戯言 | Comments(0)

飲み旅かウラ飲み旅か-年末飲み旅

二晩和歌山には泊まる。
 
ジビエ料理店があるとかチラシを見てたら、
ホテルのすぐ近くにあって、
チェックインし風呂入ってから向かった。
県庁近くの老舗な店で、
テーブルを断りカウンターに座り、
まずは和歌山の代表的クラフトビールであるナギサビールをもらう。
今回ウラか表か、
とタイトルで迷ってるよに、
日本酒をこのあと飲んだ。
地酒ってヤツだ。
 
居酒屋もあまり行かないし、
日本酒もこうゆう機会じゃなきゃ口にしない。
料理もね、居酒屋メニューって縁がないからね。
クジラの竜田揚げ、キズシ、
猪肉を焼いたんだっけ揚げたんだっけ、
ウツボの叩きもあった。
e0359618_09112578.jpg
とりあえず写真はそれだけ、
和歌山は海の幸がやはり豊富だわね。
 
結構日本酒も飲んだ。
紀土の大吟醸を皮切りに三杯、いろんなのを飲んだ。
e0359618_09125363.jpg
ただまぁわからないのよね、違いが。
だから大吟醸なんて勿体ないだけ…、
次からは安いのから飲むよにしようか。
それはそれでトラウマゆうか、
悪酔いした記憶あるから、どうしてもなぁ。
 
そのあとはバーに向かうが、
二晩分をバーと居酒屋に分けて書こう。
つまりウラ飲み旅とゆう感じで、
このあと翌日の居酒屋の話を続けて書く。
 

その日は先に、
早めに開くバーでちょっと飲んでから、
ブルワリー併設の居酒屋へ、バス通りにあるんで分かりやすい。
たぶんそのせいか早い時間から客はたくさん来てた。
予約が多いみたく、「カウンターでいいですか?」と。
カウンターがいいですと、
こうゆうとこ来るといつも頭のなかで呟く。
 
和歌山のクラフトビールとゆうと
ナギサビールがたぶん一番知られてるだろう。
市内でもかなり飲める店がある。
ここのはアガラビールと言って新しいクラフトビール、
店は前回来たときにもあったし
クラフトビール置いてる店も他に知ってたけども、
やはりブームなんだね、知らないのがたくさんある。
e0359618_09155876.jpg
IPAを一杯目にもらう。
三種類だし、あとはまた日本酒にした。
料理も、なんか回転寿司みたくタッチパネルだった。
今幾らかすぐわかるのはありがたいことだが…なんか味気なくない?
 
なんだかんだと二人で一万、
だいたいどこで飲んでもこんなもんだよな。
 
そういや、
アドベンチャーワールドで飲んだのもクラフトビールで、
名を知らずにいたら
なんでもナギサビールとは
アディダスとプーマの関係なんだとか。
和歌山県人なら誰もが知ってると聞いたが
実際どうなんだろ?

by wanio1507 | 2019-01-05 09:06 | ウラ飲み旅 | Comments(0)

結浜にも会いに行く

関西地方以外に住む人には
あまり知られていないらしいが、
今アドベンチャーワールドには六頭パンダはいる。
お父さんパンダは
十五頭をここ白浜で産ませてるかなりの強者、
去年の夏に産まれたのがようやく一般公開されて、
それを見に行ったわけだが、
結浜は二つ年上のお姉さんパンダで、
もう大人なパンダになってる。
 
その上に双子パンダがいて、
その他の子どもたちは皆中国に帰ってる。
繁殖能力が低いのとレンタル契約なのが理由だと聞く。
もちろんパンダ外交と言われるほどに、
彼の国ではイメージアップの意味もあるだろう。
そのまま他の国で増え続けたら、
価値が下がるからね。
 
撮れたのはその日見れた三頭、
寒くてもお構い無しな彼らだった。
e0359618_08471754.jpg
結浜は…たぶん外にいたのだったかな…。
e0359618_08394786.jpg
e0359618_08401596.jpg

サファリパークは今回ウォーキングで回るのにした。
かなり近くでキリンやサイやチーターが見れた。
e0359618_08482182.jpg
e0359618_08493063.jpg

昼メシはどこも混んでて、
さすがに外は寒く屋外の店でといろいろ探し歩き回って、
チョークポークががっちり旨かった店に入った。
e0359618_08505711.jpg
なかなかボリューミー、クラフトビールがまた旨かった。
このビール、
存じ上げなかったんが
和歌山県民なら知ってるとゆう裏話があった。
それはシェリー酒飲んだバーでの話、次回にでも。
 
3時過ぎのバスで駅に戻り、
近くの店で駅弁を買って特急に乗った。
e0359618_08520273.jpg
かなり足が痛くてね、結構疲れたよ。
 
和歌山の駅着いた頃はもう真っ暗で、
ホテルまで歩く気力がなくなってた。
タクシーで向かったよ。

by wanio1507 | 2019-01-03 08:53 | 旅人 | Comments(0)

初冬、北陸飲み旅-三夜目

ホンマは氷見にブルワリー出来たゆうんで
そこに行きたかった。
土曜日なら昼から飲めるだろうと思ってた。
前日に
バスの時間調べがてらブルワリーのホームページを見てみたら、
なんとその日はイベントのため予約制になると。
さすがに1人でそんな行けん、
まだどんなクラフトビールかも知らんままやし。
ゆうことで諦め、
昼過ぎまでホテルの部屋におった。
 
二日酔いよりシガー酔い、
2本やっちゃったのが響きウダウダしてた。
天気は相も変わらず北陸特有の鉛空、
雨が降ったりやんだりを繰り返してる。
 
2時ぐらいに回転寿司に、
ようやくホテルから出る。
まだちょっと早かったか、ちょっと待たされた。
しかし回転寿司ゆうても最近ほとんど廻ってへん、
タッチパネルで注文して持ってくるってのや。
もうそれやったら廻さんでええやんって思う。
たぶん新しいの思い付かんねやろな誰も。
e0359618_20542044.jpg
十皿食べて満足し、傘指して駅まで歩く。
土産物を買ってホテルに戻る。

「酒場うろちょろ」で紹介してた店に行きたかったが、
ホンマ当たり前に皆遅い。
昔は、
二十年も前はたしかにオーサカでも
バーのオープンゆうたら7時でも早かった、
8時とかばっかやった。
だからこの先々地方にあるバーがそうなるかならんかは予想出来ん。
ただその頃はもう行ってへんやろ。
ゆうてもあと十年、体力的経済的にもそうなる。
 
結局時間潰しがてら
駅の地下んとこにあるバーに入ったら、
宴会ゆうか敷居の向こうが十人ほどおるみたいで、
ウォッカマティーニ頼むも十分ほど待たされた。
生ハムみたいなんしか出来んと言わたけど、
それもなかなか出てこんかった。
まぁ文句を言える筋合いやないから、
これは体験したままで他はなに言えん。
向こうサイドからのイラッとした空気がね、
二杯目を拒ませた。
 
7時半ぐらいになって
アメリカンオールディーズなカジュアルな店に向かう。
先週、
ここの女性店主と『モヒートモヒート』のマスター二人で
ユーチューバーしてた。
名前は知っていて一度来ようと思いつつの訪問、
オッサンばかりが集まってくると聞いてたが
先客はいなかった。
でも早すぎると言われた、まだ皆食事していると。
 
そっかそっか。
とりあえずジントニックをもらって話をする。
場所は繁華街から離れててわざわざ来るの面倒、
でもフレンドリーだし綺麗だし
まぁ客は来ない理由のほうが少ないだろう。
 
二杯目飲んでたら1人客が来て、
団体が来るまで3人で結構楽しくしゃべってたよ。
e0359618_20552966.jpg
ええタイミングで店を出、
『モヒートモヒート』に足を運ぶ。
前夜がウソのよに客がひっきりなしに来たね、
若いカップルばかり。
ウォッカマティーニを一杯目に飲んで、
あまり遅くない時間で切り上げたよ。
なんか昔話をしゃべってバーボンを飲んだのかな…。

by wanio1507 | 2018-12-13 21:00 | 飲み旅 | Comments(0)

初冬、北陸飲み旅-二夜目

ゆっくりとした朝、空は曇天、北陸特有の空模様だ。
10時過ぎにチェックアウトし、傘を指して橋を渡る。
福井に来たら必ず山に行く。
足羽山とゆう市内を一望できるとこ、
神社にいつも足を運ぶ。
別に信心深いわけじゃない。
飲んだ翌日ゆうのは
ホンマに辛いときはもちろん全くしないけど、
動けるならば動く歩く。
e0359618_21322172.jpg
ただ石段を上がってく途中で息が切れた。
情けない。
はあはあ言いながら撮ったのがこれ、
ほぼほぼ散ってるなかに残っていた。
 
昼メシは商店街の老舗でセットを食べた。
e0359618_21330634.jpg
ソースカツ丼と越前そば、ベタな福井名物の二品だ。
 
サンダーバードじゃなく特急しらさぎ、
名古屋から来るのに乗る。
自由席もガラガラだ。
金沢で乗り換え高岡へ、二両だから満員に近い。
学生が乗る時間帯を避けたかったが
昔と違って今はどの時間でもいる。
 
2時ぐらいに着きホテルに荷物預けて、町をぶらつく。
駅前は新しいビルがまた建つみたいだし、
ずっと空き地になってたとこはアパホテルが建つと看板が立ってた。
ただ噂じゃ市政はかなり厳しいみたい、
原因は北陸新幹線じゃないかと言われている。
 
早目のとゆうか、
朝食がなかったんでもう腹が減り、
デパートのレストランでハントンライスを食べる。
e0359618_21312685.jpg
金沢のB級グルメ、以前ここに来たときはなかった気がする。
 
クラフトビールが飲めるとゆう店、
6時からオープンってことで
山町筋ゆうスナック街から離れたとこまで歩く。
知らなかったけど電柱を地中に埋め町屋風な建物、
モダンな建築物が並ぶ通りで、
山車を引き歩くお祭りなんかがすごく映える通りみたいだ。
高岡に、
もう十回近く来ててね、
初めて知ったわ。
 
この話はまた別に書くとして、
二軒目は『河童』、
老舗のバーだがちょっと高めなんで躊躇するも
まだ他が開いてない。
ここはもう三度四度だろうか、ある意味重宝はする。
ウォッカマティーニを頼む。
すっきり飲みやすく安定感すら感じる味だ。
 
前もそうだった、ポツポツと二代目と話す。
先代はカクテルを作るとすぐ奥に引っ込んだ。
二杯目はイエローローズオブテキサス、バーボンだ。
老舗だけあってバックバーに並ぶボトルの数と種類は圧巻、
吹き抜けのよな天井も気をゆったりさせる。
 
7時半ぐらいにオープンのバー『ガスコン』、
移転して入るのは二度目になる。
前回はばったり会った知り合いに連れられ、
1人では今回が初だ。
とりあえずウォッカマティーニ、
明るい店内、撮るの失敗しチェイサーが真ん中になってしまった。
ジンがいろいろ置いてあったり
富山のウィスキーがあったり、
口開けだったから話も記憶手繰り寄せるよなもんが多かった。
e0359618_21342477.jpg
最後は目的地とも言えるバー『モヒートモヒート』、
ラム酒とシガーでだらだら飲む。
客もおらず誰も来ず、
かなり飲んで酔って、
撮ったのは最後のほうだがぶれていた。

by wanio1507 | 2018-12-12 21:40 | 飲み旅 | Comments(0)

初冬、北陸飲み旅-一夜目

冷たい雨が降りだす京都、
駅弁も買うが立ち食いで夕飯、
なにを思ったかソースカツ丼を選ぶ。
旨そうに見えたんだけどね、今から福井向かうのに。
e0359618_19291279.jpg
でもキャベツが引いてあるので福井系ではなさそう。
厚みもあるし。
 
サンダーバードは定刻通りにホームに入ってくる、
新大阪からの客を乗せて。
木曜日ゆうのに満席、
ちゃんと指定席を買ってるんで心配はなかっだけど
既にリクライニングしてる客がうっとしい。
だからオーサカ人はガサツとか気が利かないとか、
隣でうるさい女子二人もやはり評判を下げるタイプだ。
 
福井も雨だった。
さすがに寒い。
 
ホテルは川沿いにある古い旅館をリニューアルした新し目、
宴会をしてるらしくやたら騒がしい。
たぶん忘年会だろう。
 
荷物を置いてすぐ片町に向かう。
前の道をどんどん進むだけだから分かりやすい。
8時ちょっと前にバーには入った。
『サムディ』のマスターは恐ろしいほどの記憶力、
しかも入った瞬間に名を呼んでくる。
いつもそうだ。
 
ウォッカマティーニ、ここでもそれを注文する。
e0359618_19303345.jpg
味はスッキリ系、飲みやすかった。
話は相も変わらず彼のペース、
ネタの引き出しは驚くくらいたくさんある。
その癖、
駅周辺のことはほとんど知らず、
ずいぶん行ってないと。
 
ウォッカトニックを飲んでバーボン、
あまり飲まれないとオーソドックスなんしか置いておらず、
ブラントンをストレートで頼む。
思うんだがバーは挑戦的じゃなきゃダメだろう。
チャレンジ精神こそが
我々飲み手を育て導いてくれるもんだろって考えるんだよ。
とは言っても
そんなんばかりじゃないのも現実なんだよな…。
 
二軒目は紹介してもらったバー、
ホテルに帰る道すがらにあった。
e0359618_19314860.jpg
ここもウォッカマティーニ、
若いスタッフが作るのはちょっとピリッとした。
入ってしばらくして1人客、
見た感じオレと同じよな出で立ち、
自分で言うのもなんだがね、珍しい。
その客が店主を呼べと、
近くのどっかに行ってるらしく、
数分たたぬうちすぐ戻ってきた。
もう一杯ぐらい飲んだかな、
客ともちょっとしゃべってね、
同じ歳だったわ。

by wanio1507 | 2018-12-11 19:36 | 飲み旅 | Comments(0)

山賊バーガーかぶりつく-2018晩秋飲み旅

e0359618_18123721.jpg
山賊焼ゆうのが信州松本のB級グルメである。
その進化系とでもゆうのがこの塩山賊ハンバーガー、
隣にあるのはご存知ヒューガルデンホワイト、
松本に着くなり食べて飲んだ。
このアイリッシュパブってのは、
存在は知ってて前を何度か歩いたことあるが
入ったのは初めてだった。
 
ハンバーガーもさることながら、
松本のクラフトビールを飲みたいとまず扉開けた。
最近ようやく出来たらしく、
ナマコ壁の通りに直営店があるのは去年訪れたときに知った。
入って飲むことないまま、今回はこのパブで一杯目にもらった。
e0359618_18144988.jpg
白ブドウを使ったグレープエールゆうのがオススメらしく、
それを飲む。
ジュースに近い飲み物、ビールらしさもあるにはある。
 
カウンターがなくテーブルで、
似たよな1人客が多く、
若くなくオジサンオバサンで、
どこにも行くとこがないのかもと、
ちょっと思ったわ。
メジャーな外資系喫茶店は似合わない、
オレも含めそんな人たちだ。
 
オシャレゆうのは誰から見てもってのは勿論やが、
世代的ゆうか感覚が全くちゃうってのもあるから。
なんかの拍子でそれがすごくわかったり、
逆に一瞬で白けて興味なくしたりってある話やから、
なんでもかんでも流行ってるゆうて
わかったふりのほうが怖い。
 
さて、ちょっと街をぶらぶらしてみるか。

by wanio1507 | 2018-12-09 18:17 | 飲み旅 | Comments(0)

サンタとパンダと12月

母親が香港行ってた月曜、居酒屋で夕飯。
珍しく足運んだのは、
ふと刺身や串焼きを食べたくなったから。
ちょっと日本酒も頂く。
e0359618_19150803.jpg
早い時間だし、
大手筋をぶらぶらしてたら
銀行んとこにサンタを飾り付けしてた。
作業はなかなか大変そうだ。
12月なれば派手なイルミネーション飾る民家なんかも、
帰り道たまに見る。
そうゆうとこに限って妙に人気なかったりする。
ホンマの家族の団らんってのが全く…。
 
そんなわけで香港土産はパンダのクッキー、
だけどなんか怒ってるよな顔なのは何故なんだ?
もしかすると向こうの国じゃ
パンダはそんなイメージなんかも、
ゆるキャラとかで溢れる我が国じゃ考えられぬほど
パンダでさえ好戦的なんだろうかね? 

by wanio1507 | 2018-12-05 19:16 | 日々のこと | Comments(0)