タグ:外食 ( 81 ) タグの人気記事

初冬、北陸飲み旅-二夜目

ゆっくりとした朝、空は曇天、北陸特有の空模様だ。
10時過ぎにチェックアウトし、傘を指して橋を渡る。
福井に来たら必ず山に行く。
足羽山とゆう市内を一望できるとこ、
神社にいつも足を運ぶ。
別に信心深いわけじゃない。
飲んだ翌日ゆうのは
ホンマに辛いときはもちろん全くしないけど、
動けるならば動く歩く。
e0359618_21322172.jpg
ただ石段を上がってく途中で息が切れた。
情けない。
はあはあ言いながら撮ったのがこれ、
ほぼほぼ散ってるなかに残っていた。
 
昼メシは商店街の老舗でセットを食べた。
e0359618_21330634.jpg
ソースカツ丼と越前そば、ベタな福井名物の二品だ。
 
サンダーバードじゃなく特急しらさぎ、
名古屋から来るのに乗る。
自由席もガラガラだ。
金沢で乗り換え高岡へ、二両だから満員に近い。
学生が乗る時間帯を避けたかったが
昔と違って今はどの時間でもいる。
 
2時ぐらいに着きホテルに荷物預けて、町をぶらつく。
駅前は新しいビルがまた建つみたいだし、
ずっと空き地になってたとこはアパホテルが建つと看板が立ってた。
ただ噂じゃ市政はかなり厳しいみたい、
原因は北陸新幹線じゃないかと言われている。
 
早目のとゆうか、
朝食がなかったんでもう腹が減り、
デパートのレストランでハントンライスを食べる。
e0359618_21312685.jpg
金沢のB級グルメ、以前ここに来たときはなかった気がする。
 
クラフトビールが飲めるとゆう店、
6時からオープンってことで
山町筋ゆうスナック街から離れたとこまで歩く。
知らなかったけど電柱を地中に埋め町屋風な建物、
モダンな建築物が並ぶ通りで、
山車を引き歩くお祭りなんかがすごく映える通りみたいだ。
高岡に、
もう十回近く来ててね、
初めて知ったわ。
 
この話はまた別に書くとして、
二軒目は『河童』、
老舗のバーだがちょっと高めなんで躊躇するも
まだ他が開いてない。
ここはもう三度四度だろうか、ある意味重宝はする。
ウォッカマティーニを頼む。
すっきり飲みやすく安定感すら感じる味だ。
 
前もそうだった、ポツポツと二代目と話す。
先代はカクテルを作るとすぐ奥に引っ込んだ。
二杯目はイエローローズオブテキサス、バーボンだ。
老舗だけあってバックバーに並ぶボトルの数と種類は圧巻、
吹き抜けのよな天井も気をゆったりさせる。
 
7時半ぐらいにオープンのバー『ガスコン』、
移転して入るのは二度目になる。
前回はばったり会った知り合いに連れられ、
1人では今回が初だ。
とりあえずウォッカマティーニ、
明るい店内、撮るの失敗しチェイサーが真ん中になってしまった。
ジンがいろいろ置いてあったり
富山のウィスキーがあったり、
口開けだったから話も記憶手繰り寄せるよなもんが多かった。
e0359618_21342477.jpg
最後は目的地とも言えるバー『モヒートモヒート』、
ラム酒とシガーでだらだら飲む。
客もおらず誰も来ず、
かなり飲んで酔って、
撮ったのは最後のほうだがぶれていた。

[PR]

by wanio1507 | 2018-12-12 21:40 | 飲み旅 | Comments(0)

初冬、北陸飲み旅-一夜目

冷たい雨が降りだす京都、
駅弁も買うが立ち食いで夕飯、
なにを思ったかソースカツ丼を選ぶ。
旨そうに見えたんだけどね、今から福井向かうのに。
e0359618_19291279.jpg
でもキャベツが引いてあるので福井系ではなさそう。
厚みもあるし。
 
サンダーバードは定刻通りにホームに入ってくる、
新大阪からの客を乗せて。
木曜日ゆうのに満席、
ちゃんと指定席を買ってるんで心配はなかっだけど
既にリクライニングしてる客がうっとしい。
だからオーサカ人はガサツとか気が利かないとか、
隣でうるさい女子二人もやはり評判を下げるタイプだ。
 
福井も雨だった。
さすがに寒い。
 
ホテルは川沿いにある古い旅館をリニューアルした新し目、
宴会をしてるらしくやたら騒がしい。
たぶん忘年会だろう。
 
荷物を置いてすぐ片町に向かう。
前の道をどんどん進むだけだから分かりやすい。
8時ちょっと前にバーには入った。
『サムディ』のマスターは恐ろしいほどの記憶力、
しかも入った瞬間に名を呼んでくる。
いつもそうだ。
 
ウォッカマティーニ、ここでもそれを注文する。
e0359618_19303345.jpg
味はスッキリ系、飲みやすかった。
話は相も変わらず彼のペース、
ネタの引き出しは驚くくらいたくさんある。
その癖、
駅周辺のことはほとんど知らず、
ずいぶん行ってないと。
 
ウォッカトニックを飲んでバーボン、
あまり飲まれないとオーソドックスなんしか置いておらず、
ブラントンをストレートで頼む。
思うんだがバーは挑戦的じゃなきゃダメだろう。
チャレンジ精神こそが
我々飲み手を育て導いてくれるもんだろって考えるんだよ。
とは言っても
そんなんばかりじゃないのも現実なんだよな…。
 
二軒目は紹介してもらったバー、
ホテルに帰る道すがらにあった。
e0359618_19314860.jpg
ここもウォッカマティーニ、
若いスタッフが作るのはちょっとピリッとした。
入ってしばらくして1人客、
見た感じオレと同じよな出で立ち、
自分で言うのもなんだがね、珍しい。
その客が店主を呼べと、
近くのどっかに行ってるらしく、
数分たたぬうちすぐ戻ってきた。
もう一杯ぐらい飲んだかな、
客ともちょっとしゃべってね、
同じ歳だったわ。

[PR]

by wanio1507 | 2018-12-11 19:36 | 飲み旅 | Comments(0)

山賊バーガーかぶりつく-2018晩秋飲み旅

e0359618_18123721.jpg
山賊焼ゆうのが信州松本のB級グルメである。
その進化系とでもゆうのがこの塩山賊ハンバーガー、
隣にあるのはご存知ヒューガルデンホワイト、
松本に着くなり食べて飲んだ。
このアイリッシュパブってのは、
存在は知ってて前を何度か歩いたことあるが
入ったのは初めてだった。
 
ハンバーガーもさることながら、
松本のクラフトビールを飲みたいとまず扉開けた。
最近ようやく出来たらしく、
ナマコ壁の通りに直営店があるのは去年訪れたときに知った。
入って飲むことないまま、今回はこのパブで一杯目にもらった。
e0359618_18144988.jpg
白ブドウを使ったグレープエールゆうのがオススメらしく、
それを飲む。
ジュースに近い飲み物、ビールらしさもあるにはある。
 
カウンターがなくテーブルで、
似たよな1人客が多く、
若くなくオジサンオバサンで、
どこにも行くとこがないのかもと、
ちょっと思ったわ。
メジャーな外資系喫茶店は似合わない、
オレも含めそんな人たちだ。
 
オシャレゆうのは誰から見てもってのは勿論やが、
世代的ゆうか感覚が全くちゃうってのもあるから。
なんかの拍子でそれがすごくわかったり、
逆に一瞬で白けて興味なくしたりってある話やから、
なんでもかんでも流行ってるゆうて
わかったふりのほうが怖い。
 
さて、ちょっと街をぶらぶらしてみるか。

[PR]

by wanio1507 | 2018-12-09 18:17 | 飲み旅 | Comments(0)

サンタとパンダと12月

母親が香港行ってた月曜、居酒屋で夕飯。
珍しく足運んだのは、
ふと刺身や串焼きを食べたくなったから。
ちょっと日本酒も頂く。
e0359618_19150803.jpg
早い時間だし、
大手筋をぶらぶらしてたら
銀行んとこにサンタを飾り付けしてた。
作業はなかなか大変そうだ。
12月なれば派手なイルミネーション飾る民家なんかも、
帰り道たまに見る。
そうゆうとこに限って妙に人気なかったりする。
ホンマの家族の団らんってのが全く…。
 
そんなわけで香港土産はパンダのクッキー、
だけどなんか怒ってるよな顔なのは何故なんだ?
もしかすると向こうの国じゃ
パンダはそんなイメージなんかも、
ゆるキャラとかで溢れる我が国じゃ考えられぬほど
パンダでさえ好戦的なんだろうかね? 

[PR]

by wanio1507 | 2018-12-05 19:16 | 日々のこと | Comments(0)

ある晩の外食のこと

先週の半ば、
一つ先の駅近くにある店で夕飯を取った。
ずっと気になってたんだが、
なかなか機会に恵まれずでようやく入れた。
カツ丼のチェーン店みたいで、チキンカツを頼んだ。
客は外国人のカップル、
コの字になったカウンターに並んで食べてた。
 
踏切があがるたび人は流れる、学生やらオバサンやら。
オジサンは、会社員って感じは見ない。
その下の人たちだ。
老いた人たちも歩いてる、
ある者は荷車をある者は自転車を押しながら。
車の数は多くない、
この先が坂道で細く入り組んでるからだ。
e0359618_19193943.jpg
カツ丼ってのはハズレがない。
カレーはたまにハズレるし喫茶店はハズレるとおっきい。
カツ丼は好き嫌いが分かれるとこもあるだろうけど、
頭痛を起こすほど不味いとこはない。
いや、遭遇してないだけかもしれない。
頭痛を起こすカツ丼が
この世にはある可能性もないではない。
知らぬが仏、
世の中には想像出来ないこともある。

[PR]

by wanio1507 | 2018-11-14 19:22 | 食事 | Comments(0)

たまたまの串カツ

シンクロニティってわけじゃなく、
たまたまの偶然に
昼間パートさんが串カツ屋の話をしてての夕飯、
串カツだった。
そういや
全国区の串カツ屋はオーサカじゃ見たことがない、
讃岐うどんっぽいチェーン店と同じく
縁もゆかりもない商法かもしれない。
二度漬け禁止などと貼り紙があって、
それっぽくしてんだろうか。
e0359618_19165128.jpg
今回行った串カツ屋も名は知らぬ、
何店舗か展開してるかもしれんが
疎いから詳細は不明だ。
ガラガラだった。
国道沿いにあったからもう少し遅い時間帯なのだろう。
おばさん三人組とりとめない話を
壊れたよにずっとしてたのが耳障りなくらいで、
味も値も案外良かった。
逆に言えば、
串カツなんてたいして期待しないから、
悪いのは大問題だろう。
 
昼パートさんが言ってたのは「紅しょうが」の串カツ、
あれはオーサカ人しか食べないと京都府民たちは言う。
思うに、
あんなん適当に
台所にあったもんを入れてみた試したって感じだろう。
それがたまたまヒットしただけじゃないか?
 
意外性の産物だろう。
世の中そうゆうのは多い。
狙いにいって外れるってケースもないじゃないが、
昨今たこ焼き屋のチェーン店なんかは
意外性で当てる気がバリバリする。
今回食べた串カツでそれに当たるの…モチかな。

[PR]

by wanio1507 | 2018-10-13 19:20 | 食事 | Comments(0)

おまけの東京-2018飲み旅、初秋

東京とゆうのは巨大で、幾つ物差しを持っても測れない。
だから飲み旅なんてのムリなんだ、
個人的な意見で言っちゃうと。
きっともし
このあとの人生で東京に住んだり近隣で暮らすとしても、
まぁ描けない。
「全国バー巡り」なんての目指しちゃないけど
東京は不可能だ、技量も器量も全く足らない。
 
静岡からは高速バス、
9時過ぎ出るのは満席で
やはりこのぐらいの距離で三千円弱なら、
時間あればこれもアリだろう。
東京にバスで入るのもひさびさだ。
着くのは東京駅日本橋口だけど、
国会議事堂近くまでは高速道路で行けるし、
ひさびさに来ると東京ってもんの複雑さと美しさに圧倒される。
上から見てると、
ホンマ人と都市機能がうまく溶け合っているのがよくわかるよ。
 
ただ、体力もいる。
大手町ゆう地下鉄の駅から千代田線なんだが、
そこに行くまでかなり歩いた。
駅はあるんだけど線が、
幾つもある地下鉄の路線がずいぶん離れていた。
行く道も無機質で近未来的、
人もそんなに見なくて違和感とゆうか迷い込んだ感じがあったわ。
 
地下鉄に乗っちゃうと
あとは苦なく目的地まで連れてってくれる。
乗客を見るともなく眺めて、
ふと皆腕時計してるんだなと。
男は学生とかサラリーマンとか自由業とか、
そんなのが、デカ目の時計をしてる。
腕時計なんてしないから、ちょっと感覚がわからん。
頼むから、
ステイタスだなんて野暮な答えはやめてくれ。
 
下町にある綾瀬とゆう駅、北千住の一つ向こうだ。
古いとゆう感じじゃないんだよな、
でも住人が多い。
e0359618_19115558.jpg
腹が減ってたんで高架下の小さな居酒屋、
とゆうか一杯飲み屋的な店に入って、
もつ煮込みと下町ハイボール、オムライスを注文する。
e0359618_19123534.jpg
客はあとから一人、おじさんが入ってきた。
 
3時にホテル、
荷物置いて5時に北千住のマルイのまえで待ち合わせする。
一年近くぶりになるのかな、会うのは。
だいたいが北千住で、
まぁ分かりやすい町なんでありがたい。
上野とか浅草でもいいけどやっぱ広くて、
なかなか頭んなかで地図が描けない。
 
市場があるとゆうんで暇潰しがてらウロウロし、
焼き鳥屋に入ったのは6時ごろ、
まだ客は一組だけだった。
連休の中日なんで
昼から飲んでる客は多そうな感じしたけど、
それほどじゃなかった。
ウォッカマティーニ飲めるバーには8時過ぎ、
かなり混んでいてテーブル席だった。
e0359618_19111624.jpg
それでも飲んでも飲んでも酔っ払わなかったなぁ。
なんか彼と飲むときそんなん多いわな…。

[PR]

by wanio1507 | 2018-10-03 19:17 | 飲み旅 | Comments(0)

コスモスと二杯の

あまりはっきりと考えてはなかったけど、
仕事場を出るとき雨がやんでたんで
割引券があるファミレスへ肉を食べに行く。
土手に差し掛かる草むらにコスモスが咲いてあった。
彼岸花を探してたのに先にこれとは…、
しかも除草されて彼岸花はなかった。
 
秋はココロの置き場を探すよなとこがある。
夏や冬、
春にはそんな感じずにいたココロが、
ふっと顔をあげる、なんかそんな感じがする。
体内に異物感とは言わないまでも、
どこにいるんだと意識させるくらい
ココロが存在感を主張してくる。
 
シンパシーじゃないがね、
秋の花の物悲しさと凛としたとこはそいつを教えてくれるようだ。
磁力みたく、指し示す。
e0359618_10114815.jpg
肉汁たっぷりのハンバーグとビーフシチューのセット、
オニオンスープにガーリックライス、それを夕飯した。
ずっとね、
ママ友だかのおばさん二人がマシンガンのよに話していて、
大虐殺の現場の雰囲気が店内には漂っていた。
たぶん犯人は気づかない。
彼女らは無差別殺人などおかまいなしだ。
 
お代わりをして腹一杯になって、店を出ると雨だ。
傘を差し土手を越える。
もうすっかり辺りは暗い、
これは雨雲のせいか夜の帳が降りてきたせいなのか。
 
大手筋のアーケード、駅に向かい歩を進める。
客足はそれほどじゃない。
金曜日だけど連休前だからな、
角を折れて『ラブワゴン』、まずはビールを注文する。
e0359618_10140578.jpg
エルビスジュースグレープフルーツIPAとかゆう名で、
ブリュードッグって
わりと有名な会社が造ってるスコットランドのクラフトビール。
パンクIPAを造ってるとこだ。
 
二杯目はウォッカマティーニ、
その話はまた次にしようか。
e0359618_10161672.jpg


[PR]

by wanio1507 | 2018-09-22 10:21 | 酔い | Comments(0)

いよいよのクラフトビール-2018飲み旅、初秋

予想通りにならなくて、
二日酔いで昼近くまでホテルで寝る。
雨が、
前夜はなんとか降らずだったのが、
しとしと降り路面を濡らしてるのが窓から見えた。
それでもホテルはとても静かで、
それが昼までゆっくり出来た一番の理由、
ありがたい話だ。
 
前日、
新幹線降りて駅の高架下の店で買った牛丼を朝メシに、
まだ腹がグーと鳴くので以前教えてもらった居酒屋へ行く。
常盤公園までだからまたちょっと歩くわけで、
雨も思ったより降っていた。
e0359618_19330360.jpg
土日一時間だけランチをね、
にぎり寿司と鉄火丼を出していて、
早くはなかったけど口開けの客っぽかった。
大盛でいただく。
一人旅ゆうのは
やはり食事がいろいろめんどくさくてね、
こだわりがなきゃ簡単に済まそうとしてしまう。
 
それでようやくクラフトビールの店、
この公園のある通りらしかったが、
わからずちょっとウロウロ。
ここはあまり通らないから、
前なにがあったかも謎だが、
とりあえず角に三階すべてがとゆう店と
その隣のとなりにもう一軒、
アメリカンとゆうかハワイアンか、
カウンターの奥に座ったよ。
入り口には若い男女がね、
若い男女らしい会話を爽やかな潮風のよに交わしてた。
 
飲んだのはアイソメライザーIPA、
タップは6つほどで全部海外のだった。
e0359618_19334097.jpg
メニューにはいろいろ書いてあった。
飲んでると一組黒人っぽい人相二人組の客が来たね、
流行ってるかどうか
先客もそれも常連な雰囲気はあった。
たいして忙しそうじゃないから絡んでくるかと、
まぁそれはなかった。
 
ちょっとね、
気持ち悪くなってきて、
結局そこ出たらホテルに戻った。
まだ昼間、一日はまだまだある。

[PR]

by wanio1507 | 2018-09-19 19:38 | 飲み旅 | Comments(0)

帰阪する日の話-2018夏旅、西へ

前夜零時近くまで『カオス』で飲んではいたが、

オールドパーのハイボールだったおかげで二日酔いもなく、

目覚めると雨だった。

初めての雨、

ホテルの朝食食べてるときはパラパラ程度、

駅に行くまでもね、傘差すほどじゃなかった。

e0359618_18121200.jpg
駅前にある幕末土佐の偉人たちの像、
かなり暗がりに写ってたんで、ちょっと修正。
そういや、自販機でこんなんを見かけた。
e0359618_18151272.jpg
たぶん普通のコーラ、中身はそうだろ。
 
バスで、高速バスに乗ってオーサカに帰る。
お盆なんで、明石大橋を下りての合流が混みそうだ。
まぁ新大阪到着予定が2時ぐらいなんでね、
遅れてくれたほうがホテルには入りやすい。
そうそう、どうもね、新大阪周辺のホテルが増えてる。
しかも今回はギリギリでも安いのが取れた。
何年か前まではかなりオーサカはホテル録るの困難だったのに、
民泊のせいなのか全体的にホテルが増えてきてるのか、
事情がちょっと変わってきてる。
 
いよいよバスに乗り込もうとした頃に、激しい雨が…。
叩き付けるよな大粒の雨、
タイミングが良いのか悪いのか、
屋根もぐるっとないもんだから傘差さなきゃダメだ。
駅のパン屋で見かけたのはこちら。
e0359618_18163486.jpg
雨はね、
高知出るともう降ってなくて、
サービスエリアでは霧ゆうか雲が低かった。
e0359618_18172998.jpg
なんか買って食べたな、さつま揚げみたいなもんだったかな。
 
さて、
最後の夜はオーサカになりますが、
それは次回。
長々と続いたこの旅路もようやく終わります。



[PR]

by wanio1507 | 2018-09-04 18:23 | 旅人 | Comments(0)