人気ブログランキング |

タグ:旅行&お出かけ ( 140 ) タグの人気記事

知らぬ町をゆく2019-その1

信濃大町とゆうとこは名前ぐらい知ってる、
立山黒部アルペンルートの玄関口として有名なとこだ。
山登りとゆう趣味がないから縁はない、
そう思っていた。
 
袖すり合うのも多生の縁、とゆう言葉がある。
多生の縁とは前世からの因縁との意味らしい。
今の子は感覚として、
こうゆうの分かるのだろうか? 
若い子とゆうより
オカルトな妄想癖がある世代の方が、
納得しやすいかもしれない。
因果は巡る、
なんか現代にピッタリかもと最近は思う。
 
まだ桜が咲いてるかもしれないと思い、
翌朝松本を出る電車に乗った。
初めて訪れる信濃大町の駅までは片道一時間、
右は安曇野の大地、
左手には雪の残る山々を眺める。
座れたのは穂高とゆう駅でどっと乗客が降りてからだ。
登山者がたくさんいたな。
e0359618_19284332.jpg
さすがに信濃大町の駅は立派だった。
腹ごしらえと、
まずは駅の立ち食いソバ屋、
ザルソバと鹿肉入りのおやきを注文する。
e0359618_19293337.jpg
この辺りに来ればやはりソバだろう。
 
観光客は思うほどの数はおらず、
ロータリーにはタクシーが数台ある。
土産物屋は数店舗、
観光案内所にバス停が幾つかある。
e0359618_19302448.jpg
5月の日差しを浴びた北アルプスが見える。
白い山頂がまぶしい。
 
腹を満たした我々はアテもなく商店街を歩く。
なにがあるのかないのか、
期待もそこそこに進む。
古い建物、
昭和の初めころかそれ以前か、
朽ちた感じがいろんなことを想像させる。
破れたトタンに赤く錆びた鉄柱、
腐った木製の扉、
剥がれた外壁に崩れたコンクリート、
よくも悪くも歴史を感じる。
 
人気はない。
店も開けてるのは数軒で、
歩いてるのは我々だけだ。
たまに、
杖をつく姿や手押し車を押す姿、
騙し絵のように見かける。
 
屋根がなくなるも道は続く。
さて、
目的の神社はまだ先か…。

by wanio1507 | 2019-05-23 19:32 | 旅人 | Comments(0)

こぼれ話的な平成最後の日々-その2

翌日は晴れ、静岡市を歩く。
富士山が見えるとこまで、と東海道を東へ。
繁華街からはね、
富士山ってあまり見えない。
高いビルや山が邪魔をしてね、
見えない。
 
白バラが咲いていた。
知らぬとこを
昔からぶらぶらとこうやって歩くと、
いろいろ発見してきた。
それは感性を磨くとゆうか、
独特ななにかになる。
集めていけばなんらになる気がする、
銀河系とか星雲も離れてみたら形がわかる、
ナスカの地上絵みたいなもんだ。
 
NHKも新しいのが出来てた。
城んとこにあったのがこっちに移ってきたようで
なんかイベントをしていた。
とはいえ東海道からは見えない。
JRの線路向こうにある。
e0359618_19231935.jpg
富士山がようやく見えてきたのは東静岡の駅近く、
グランシップまでいくと開けてよく見えた。
e0359618_19234430.jpg
先の公園には子供や家族連れがいっぱい、
なにかしらイベントがあったんだろう。
e0359618_19243196.jpg
バルーンもあるね。
 
こちらは帰り、
小さな公園にあった藤棚を撮ってみた。
e0359618_19244834.jpg

by wanio1507 | 2019-05-21 19:24 | 旅人 | Comments(0)

こぼれ話的な平成最後の日々

沼津はアニメの聖地になっていた、
それが久しぶりに訪れて一番驚いたことだった。
聖地巡礼とかゆうの、
なんでも舞台が沼津らしい。
バートリップといい、
いろいろとしてる。
 
沼津は雨、傘を指して海まで歩いた。
防砂林が見え、
そこを突っ切ると防波堤があった。
階段を上がるとまるで人気がない場所で、
駿河湾が広がってるのを眺めた。
e0359618_18570769.jpg
風もたいしてなく雨も強くなく、
そんななかマラソンマンはいる。
遠くに舟、
砂浜で一人釣りをする姿、
なんか時間が止まってる感じがする。
ちょっと時代がわからない感覚だ。
 
防波堤を降り、
おっきな屋敷ばかり並ぶ通りを歩く。
小田原にもこんなとこあった。
漁村ではなくてね、
地主とゆうか古い民家が木々に囲まれたなかにある。
e0359618_18574308.jpg
傘を閉じたり開いたり、
車が通る道に出て駅へときびすを返す。
連休も始まったばかり、
それでも町に人の影を見ない。
おっきな川、
昨晩写真を撮ったライトアップした橋を再び眺める。
e0359618_18582961.jpg
河原に鯉のぼり、
ようやく5月が近づいてることを知る。
こうゆう風物詩が減ったね。

by wanio1507 | 2019-05-20 18:58 | 旅人 | Comments(0)

令和最初の飲み旅-信州松本その2

松本の二晩目にはなるが、
その日は居酒屋からでバーも前夜寄ったとこだし、
あまり広がりはない。
居酒屋も5時半に入った店は座敷と言われ
カウンターが空いたら移ってと、
それならと断り二軒目んとこは座敷が空いていた。
休みだからか、皆早くから飲んでる。
 
生ビールをもらい馬刺しやら焼き鳥やらを注文する。
e0359618_19305803.jpg
なんだかんだと日に焼けた。
喉の乾きには冷えたビールに勝るもんはない。
相方はね、
地酒三種なんかを頼んでたけど、
最近はっきりと味わからんなと。
微妙な違いなりがね、まるでわからない。
やはり洋酒にずっと慣れた舌だからムリなんだな。
 
それでも若いときとは違い
日本酒で悪酔いはしなくなった。
そこんとこの飲み方は年の功ってヤツだろう。
だから、わからぬなりにちょくちょくとね。
月初めも大宮で、
東京の友達と飲んでね、
一軒目の居酒屋じゃ日本酒を最後はもらってたもんな。
そのあとサントリーのハイボールバーで飲んで、
そしてバーでね、
たぶん一杯だけだったと思うけどウォッカマティーニ飲んだ。
 
バーは『ラシエスタ』、
サッカーの試合娘と見に行くとか店主は前夜言ってたからね、
惜しい試合だったけど気になってね。
ホームだったから盛り上がりはしたみたい。
ちらっとホテルのテレビで見たよ。
e0359618_19322156.jpg
キューバリバー、
量あまり飲まないって感じの一杯だよな。
ビールのあとは甘口になっちゃうな。

by wanio1507 | 2019-05-15 19:29 | 飲み旅 | Comments(0)

令和最初の飲み旅-信州松本

そんなこんなで松本へ向かう。
川越から八王子まで電車を乗り継ぐ、
大型連休も後半戦とゆうことで電車も混んでいる。
春の嵐じみた改元前後、
悪天候が続いていた。
ようやくの青空、
キラキラの陽光はまさに行楽日和ってヤツだ。
 
八王子で昼食、
どこもこれから混んできそうな雰囲気のなかお好み焼き屋に入る。
関西の全国展開してるチェーン店、
ブタ玉にイカの焼きそば、トンペイ焼きを注文する。
トンペイ焼きってね、
関西の居酒屋でしか食べたことない。
相方はなんでもこれを家でよく作るらしい。
e0359618_20551310.jpg
八王子からは「特急あずさ」、
新しくなったんだとかで列車自体もそうだし、
キャッスレスで乗れ自由席もなくなった。
ゆったりしてて座りやすい。
窓もおっきいし。
e0359618_20553950.jpg
国技館の名物らしい相撲焼き鳥、
それを車中で食べ、
松本には3時に着いた。
女鳥羽川沿いに宿はあった。
荷物背負い、ぶらぶら歩いて向かう。
観光客はね、
ナマコ壁の通りや川向こうのナワテ通りにたくさんいた。
 
ホテルで一休み、
5時半くらいにパブに入った。
混んでる、
相変わらずここは混んでいる。
ちょっと待たされて奥のテーブル、
久しぶりのヒューガルデンホワイトを注文、
相方は山賊バーガーと松本のクラフトビールだ。
e0359618_20564429.jpg
つまみをね、
切ったりするだけの簡単なもんにしても
思ったより出てくるの遅かった。
なんかいつもこうなんよな、
もしかしたら松本タイムってヤツなんかも。
何年か前に桜鍋食べたときも同じだった、
なかなかジョッキ生が出てこなかった。
 
その裏手にある『メインバーコート』、ここも混んでいた。
e0359618_20574589.jpg
ウォッカマティーニを注文する。
松本を代表するって冠が常に付くよな名バーだが
あまり印象的な事柄はない。
とにかく混んでるとゆうのがたぶん一番、
だから店主との絡みもほぼない。
そうゆう意味じゃ
『ラシエスタ』とゆうバーは必ず松本来たら寄っている。
e0359618_20583090.jpg
たぶんバーボンのストレート、銘柄はなんだっけ?

by wanio1507 | 2019-05-14 05:53 | 飲み旅 | Comments(0)

川越での黄昏た数日

待ち合わせたのは4月最後の月曜日、
そっから3日の朝まで川越にはいた。
だから都合5日ほど滞在したことになる。
なかなかそれだけ他人の家にいることなんてないからね、
まさに居候。
おもてなしにはホンマ頭が下がる思いだ。
 
3食昼寝つきって感じでのんびりさせてもらった。
二人で餃子作ったりってのも長い付き合いながら初めてで
写真は何日目か忘れたけど夕飯、
その地のクラフトビールコエド、
刺身が食いたくなってムリ言って近くのスーパーに行った。
e0359618_16565586.jpg
ビールもね、そこで買った。
スーパーも考えたらずいぶん久しぶりだった。
 
うちの母親が、
あまり食卓に何品も並ばぬ人で
子どもんときから貧乏だなって偏見があった。
だからこんなにおかずがあると、
ホンマご飯少量でお腹いっぱいなっちゃう。
 
武蔵野うどんってのがある、
存在を以前こちらに来たとき知って食べたいってね、
今回夕飯でって話してたら冷蔵庫にうどんあるって。
じゃあ作れなくない? 
ささっと手作りの武蔵野うどん、
つけうどんでね、美味しかった。
 
リフォームした家、真新しい畳の臭い、ゆっくり出来た。
彼女は大変だったと思う、
いろいろ気を使って無神経なオレの相手してね、
とても疲れたようで腑抜けになったと先週連絡があった。
楽しかったけど、
ちょっとね、浮かれすぎてたのかもしれない。
そのあと信州松本に二人して出掛けて余計厳しかったかな、
考えなさ過ぎた。
今は反省と後悔、楽しかっただけにね。


by wanio1507 | 2019-05-13 05:55 | 過ぎ去った日のこと | Comments(0)

平成最後の飲み旅-沼津

駅弁は京都駅で買ったものだ。
e0359618_19575240.jpg
新幹線で三島、
降りたときは「さぶっ」と呟いたほど
ヒンヤリした空気がそこにはあった。
電車乗り換えて
沼津のホテルには八時半ごろ着いた。
 
もともと沼津へとゆうのは、
先々月高槻のバーでの会話がきっかけだった。
なんでも年老いた客がね、
沼津のバーの話をしたらしい。
行ったことがあるかと訊かれてね、昔一度だけと。
 
三島はね、年に一度とか行く。
バーテンダーの年齢ってのもあったよに思う、
比較的若いのが三島で年輩が沼津、
話すには若手の方ってなっていた。
 
「日本一ウォッカマティーニに詳しい49歳」
この最初のタイトルはそれだった。
もちろん天が裂けたとて、
日本一詳しいなんてありはしない。
量にしたってたくさん飲んだ人なんていっぱいいるだろう。
 
パッと気づいた人もいるはずだけど、
敢えてタイトルについて書くのはこれぐらいにする。
だいたいいつも前置きが長い、と言われてるし。
 
今回の飲み旅でも
ウォッカマティーニを一杯目に、
とゆうのがほとんどで、
スッキリした味わいのが多かった。
飲みやすく美味しかった。
 
沼津バートリップとゆう企画があるらしく、
ホテルやタクシーやらが
訪れるビジネスマンや観光客をターゲットに
オリジナルカクテルやらマップなどを作っているんだとか。
今回行くとなって調べたら
そんなんがあると知って驚いた。
マニアには
昔から沼津三島はバーの町として知れ渡っていたけどねぇ、
宇都宮みたくを狙ってるのか…。
 
まずは『バービクトリー』、
前に行ったときも迷ったが
今回もやはりスムーズにはたどり着かなかった。
店も混んでいた。
タイムスリップしたみたいに、
昔のまんまだった気がしたな。
 
やはり年輩者が多い。
オレがまだまだに見えるほど、
60歳オーバーばかり、
だから話も面白味がない。
ただ椅子が堅くて、
昔ってそんなんばかりで
長い時間座れないよになっていて、それが辛かった。
それを苦にしない年寄りはさすが凄かったなぁ。
 
二杯ほど飲んだ。
歩いて十分ほどのバー、
ここは初めてで場所はすぐにわかって、
かなり古い店で店主も同じくらいに見えた。
客はテーブルに一家族、
カウンターは5席くらいで誰もおらず、
ここでは沼津オリジナルカクテルをもらった。
黄昏図とゆう名、
浮世絵の宿場町沼津にその名がある。
e0359618_20023719.jpg
まったりと飲んだね。
二言三言言葉交わしたかなぁ、
もう一杯もらって
帰り道に見たライトアップした橋がキレイだった。

by wanio1507 | 2019-05-08 19:56 | 飲み旅 | Comments(0)

旅先で、おいおいって感じたこと

高岡にクラフトビールの店が新しく出来ると聞いて、
金屋町にあるらしく行ってみたけど、
土曜のその日は3時オープンみたいだった。
しかし距離があまりにある、駅から遠い。
前回行ったとこもちょっと距離あったしな、
駅前って発想はないのかな。
 
だからって訳じゃないが、
金沢の駅にあったクラフトビールの店に入った。
まだ最近出来たばかりなのか、
本店は東茶屋街にあるらしくブルワリーなのかな…。
e0359618_19532605.jpg
接客がイマイチでね、
客はほぼほぼ一杯だけ、
外国人も来てたけど
個人的には流行りに乗っかったって空気がどちらにもアリアリ、
厳しそうだ。
ビール自体は一杯目に飲んだのは悪くなかった。
飲みやすく美味しかった。
 
そういや、
高岡のニシンそばを食った店、
食券買うシステムの老夫婦がやってるとこで、
駅にあるんだが裏手のは一軒家でね、
そのせいなのか、
客は誰も駅には向かわなかった。
わざわざ車で来てる人もいたよ。
 
おじさんが一人、
トイレに立ってドアを閉め切らずで、
出てきたとき気づいたようだったけど、
また閉め切れてなかった。
こうゆう人っている。
うちの友達も必ずちょろっと開けて、
トイレも玄関も部屋の戸も
後ろゆくオレが必ず閉めてる。
もう面白いくらいずっとそれ、
学ばない。

by wanio1507 | 2019-05-05 19:50 | 旅人 | Comments(0)

名残惜しむよにサクラを

さすがにもうこの時期じゃ
北陸もサクラは散り出し、
葉桜の緑が見える。
それでも探してみるのが、
帰りのサンダーバードまでに課せられた使命、
と思い込んだよに町を歩いた。
 
もうたぶん、しばらく来ることはない。
ある意味でね、
なんか宿命ゆうかバー巡りを終えるタイミングかなとも思ったんだ。
十年近く高岡に来て、
最初はバイクで、
そして高速バスやサンダーバードになった。
当時はまだ北陸新幹線もなく、高岡も近かった。
e0359618_20402508.jpg
懐かしむよに初めて歩いた場所を歩いたり、
古城公園の散り桜を見たり、
高岡のあちこちをかなり歩き回った。
脚が棒になるほど歩いたよ。
 
思い残すことない、
とまでは言わないが、まぁ十分だろう。
e0359618_20410483.jpg
写真は古城公園に向かう道、八重桜が並木になっていた。
いい天気だったこともあってピンク色が鮮やかだ。
 
古城公園にも思い出がある。
雨降る日、
バイクで来たのかな
あのときは梅雨時だった。
雨んなか歩いた。
レストランがあってそこで食べたのは何だったかな…。
e0359618_20420270.jpg

e0359618_20422171.jpg

サクラは堀んとこぐらいかな、
裏手の下り坂を降りてね、撮った。
 
駅前ん店で遅い朝ごはんがてら、ニシンそば。
e0359618_20425282.jpg
そして近くの公園に三本おっきなサクラ、
まだ咲いてるのがあったんで撮った。
e0359618_20431804.jpg


e0359618_20435415.jpg
ちょうど風がバーッと吹いてきて桜吹雪になった。

by wanio1507 | 2019-04-24 20:44 | 旅人 | Comments(2)

最後の金沢からライナー

金曜日、
京都駅で夕飯、
サンダーバードを待つ間に済ませる。
e0359618_21013851.jpg
前回もここで食べた。
 
0番ホーム、
滑り込む特急の指定席、
窓際だけに皆座ってる。
駅弁を買い乗り込む。
何度この列車に乗ったことだろうかと、
ちょっと感慨に更ける。
e0359618_21021474.jpg
夕闇が深くなり滋賀の山々が黒く染まる。
特急は福井と金沢だけに止まり
およそ二時間の所要時間、
金沢で乗り換えるのはライナーっての。
普通は40分発とかで、20分も待たされる。
とは言いつついつもは待ってる、
プラス300円が惜しいからね。
e0359618_21042070.jpg
さすがに空いていて座れる。
快速といった感じで、二つ目にはもう高岡だ。
遠いよな、
サンダーバードが金沢から先をやめて
ホンマ遠くなった。
新幹線なら十分ほどだが
新高岡とゆう高岡の駅から離れたとこ、
歩けば十五分はかかる。
もちろん運賃はライナーより高い。
 
改札を抜ければホテルまでは五分もかからない。
とはいえ先にバーに寄るとしようか。

by wanio1507 | 2019-04-22 05:00 | 食事 | Comments(0)